【F1】メルセデス「ハミルトンへの指示は”原則”が危ぶまれたから行った」

メルセデスのパディ・ロウは、レース中のハミルトンにペースアップするように指示した理由を説明した。

 アブダビGPレース終盤、メルセデスのルイス・ハミルトンはチームの指示を無視し、ペースを上げずに走行し続けた。その後、メルセデスのエグゼクティブディレクターであるパディ・ロウが、ラジオでペースアップするように催促した。

「我々はペースアップする必要がある」とロウはハミルトンにペースアップを促した。

 しかし、ハミルトンはペースアップすることを拒否し、「今のところ僕がリードしている。僕はどこにいてもいいんだ」とロウに返した。

 その後の出来事の展開について、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ロウの指示を受けたこと自体に問題があると説明した。

「パディからの指示は、契約規則内では最高位に当たるものだ」

「以前のメルボルンで検討し、この契約規則を作成した」

 またウルフ自身が指示することも検討したかと問われると、彼は次のように語った。

「いいや、私はその権限を持っていない。私はそれがリスクになることを理解している。過去に何度かそうしたことがあったと思うが、それを後悔することもある」

「かの有名なウォルフガング・ウルリッヒ(WECアウディ/チーム代表)は、(自分のライバルに打ち勝つ方法を)知っているだろう。(ライバルに勝つためには)自分の強みと弱みを知る必要がある。私は自分の弱点を知っている」

 ウルフはレース前、チームはドライバー同士の戦いに干渉しないと話していた。しかし、フェラーリに勝利を奪われる危険性を感じたため、ハミルトンへ指示したと説明した。

「レースで、我々が勝利を失うリスクが発生した瞬間は2回あった。1つは(マックス)フェルスタッペンだった。彼が1ストップ作戦に出るかどうか、はっきりしていなかった」

「もうひとつは(セバスチャン)ベッテルが我々よりも2秒速く周回していた時だ。過去3年間において、我々が第一としている原則は、勝利を確保することだ。これは最初のレースであろうと最後のレースであろうと関係のないことだ」

「果たしてこれが正しい原則であるのか疑問に思うかもしれないが、我々はピットウォールで原則を貫いた。原則が危ぶまれる瞬間は2回あって、その度にペースを上げるようオーダーした」

【関連ニュース】

レッドブル「ロズベルグが全てを失う可能性はある」

ハミルトン「”賢く簡単な”やり方はない。アブダビで優勝するのが目標だ」

レースレポート:ハミルトン優勝も、チャンピオンはロズベルグの頭上に輝く

ハミルトン「アンフェアなことや危険なことは一切していない」

ハミルトンが処分を受ける? 「”無秩序さ”に厳しく対応することもある」とメルセデス

レッドブル「タイトルがかかっているレースだった。メルセデスの考え方は甘い」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース