【F1】メルセデス「ロズベルグとハミルトンのPUの状況は、いずれも理想的ではない」

メルセデスのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、ロズベルグとハミルトンのパワーユニットは、共に同じような状況にあると言う。

 メルセデスのニコ・ロズベルグは、チームメイトのルイス・ハミルトンに対して19ポイントのリードを保ったまま、今週末のブラジルGPを迎えることになる。

 メルセデスのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、ふたりのドライバーのパワーユニットの残りのマイレージを考えると、いずれのドライバーにもパフォーマンス/信頼性上のアドバンテージはないと言う。

「状況は彼らふたりとも、同じようなバランスになっている」

 そうロウはmotorsport.comに対して語った。

「どちらも理想的な状況ではない。正直に申し上げるとね。しかし、それらの間にはパフォーマンス上のアドバンテージを生み出す要因は存在していない」

「いつものように、我々は目的に到達するために、2台の素晴らしいクルマと、2基の素晴らしいパワーユニットを確認することに注力している」

「メキシコは2台のマシンは揃って完走した。それは素晴らしいことだ」

ブラジルについての予測はしない

 ロウは、ブラジルGPの週末に、レッドブルとフェラーリがどこまでメルセデスに迫ってくるかを判断するのは、非常に難しいと言う。

「いつものように、私は何かを予想するつもりはない。そこには、いくつかの異なる要因がある。メキシコGPは、説明するのに最適な週末だった。各セッションの結果からは、別の勝者が出るという予測もできたはずだ。そうだろ?」

「それは人々が、マシンやタイヤをその時のコースコンディションにどう適応させたかということだ」

「その時点でタイヤをどのように扱うか、それには非常に多くの異なるパラメーターがあり、とても敏感なんだ」

「フェラーリは予選で非常に苦労していたのが見えた。しかし、レースで見られたように、彼らのクルマは決して悪いクルマではない。彼らはただ、予選の時に何かを間違えただけだ」

【関連ニュース】

ドライバータイトルがかかるブラジルに”自然体”で臨むメルセデス

ウルフ「ロス・ブラウンは今後のF1に必要な人材」

ハミルトン、サスペンショントラブルの可能性を知りながらステイアウトの”ギャンブル”

2007年の敗北を教訓にしているハミルトン「最後の最後まで諦めない」

DAZNのブラジルGP放送スケジュール決定。決勝は初のダブル解説

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース