【F1】モンツァ、F1イタリアGPの開催契約延長を発表

モンツァ・サーキットはイタリアGPの開催契約が延長されたことを発表した。

 今年の8月、モンツァ・サーキットの代表は、現在のF1開催を2019年まで延長することに暫定的に合意したと明かしていた。その前の数カ月間、イタリアGPの将来は不透明になっており、同じくイタリアGP開催を目指すイモラ・サーキットとの間で法廷闘争に突入する可能性すらあった。

 11月29日、モンツァは新たに声明を発表。詳細についてはまだ確定していないとしながらも、イタリアGPの開催契約が正式に延長されたことを明らかにした。

「モンツァでのイタリアGPの契約更新がサインされた」と、サーキットはツイッターで明らかにした。

 イタリア・モータースポーツ連盟(ACI)のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニ代表は、「我々は、イタリアで最も権威のある歴史的かつ魅力的な自動車レースを、70年の歴史を経て失ってしまう可能性を取り去ることができた」と語った。

「モンツァでのグランプリが、世界中のファンを魅了し、さらに重要なイベントとなることを目標に、我々は共に前進する」

 新しい契約は、総額7000万ユーロ(約84億円)もの額に及ぶと考えられている。この2017年イタリアGPは、9月3日開催予定だ。

【関連ニュース】

モンツァ、2019年までの開催に暫定合意

2017年イタリアGP問題は法廷へ。今年のGP直前にモンツァが会見予定

「イタリアGPはモンツァで開催すべき」を主催者代表が主張

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース