【F1】ライコネン「最初のソフトタイヤで苦労。戦略の違いで、ベッテルを先行させた」

フェラーリのキミ・ライコネンは、2016年最終戦アブダビGPを6位でフィニッシュした。

 フェラーリのキミ・ライコネンは、最終戦アブダビGPを6位でフィニッシュした。

 ライコネンは予選で、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回る4番グリッドを獲得。レース序盤は前方のマシンに追走し上位を走っていたが、レッドブルのダニエル・リカルドがピットインしたのに反応し、自らもピットに向かった。

「僕にとっては簡単なレースではなかった。クルマは良かったけど、タイヤに苦労して、それで終わってしまった」

 ライコネンはそう語る。

「スタート後は僕は前方を走っていたけど、最初(2スティント目)のソフトタイヤでは苦労したんだ。スティントの最後には改善してきたが、僕は多くのポジションを失ってしまった」

 ベッテルはリカルドに反応することなく、2スティント目の走行距離を延ばした。その結果、最後のスティントではスーパーソフトタイヤを履くことができ、ハイペースで飛ばして上位に急接近。その際、ライコネンはベッテルに進路を譲った。

「セブが近づいてきた時、僕は彼が異なる戦略を採っていたことを知っていたので、彼を先に行かせたんだ」

 ライコネンは今季が苦しいシーズンだったことを認めつつも、来季に向けて期待していると語った。

「確かに、今年は僕らのチームが求めていたものからは、ほど遠いシーズンだった。でも最近は正しい仕事をして、うまく機能するようになってきた。僕らはこの方向で仕事をし続け、新しいクルマと共に、来年僕らが望むポジションに立てることを期待している」

【関連ニュース】

F1アブダビGPレースレポート:ハミルトン優勝も、チャンピオンはロズベルグの頭上に輝く

ベッテル、ハミルトンのアプローチを非難。「”汚い手口”だ」

ベッテル「スーパーソフトでのスタートは有利にならない」

ライコネン「コンディションが違う日中のセッションは”時間の無駄”」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Kimi Raikkonen
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース