【F1】ルノー、パーマーとの契約延長を正式発表。ヒュルケンベルグとコンビに

ルノーはジョリオン・パーマーを残留させ、2017年シーズンをニコ・ヒュルケンベルグと組ませることを正式に発表した。

 ジョリオン・パーマーがルノーの2017年のふたつ目のシートを確保したことが、正式に発表された。パーマーは来年、ニコ・ヒュルケンベルグと組んでシーズンを戦っていくことになる。

「僕は2年目のシーズンをルノー・スポールF1チームでレースすることになり、とても喜んでいる。そして、コース上でチームの僕に対する信頼に応えるのを、待ちきれない」

「2015年からエンストンで働いてきたが、今年のインフラ開発について完全に理解することができる。これはつまり、2017年そして僕らの新しいクルマについて、チームと興奮を共有するということを意味する」

「僕にとっては、F1でのドライブを急速に学んでいるところだ。そして、僕は以前よりも良くなっているし、さらに良くしていかなければならないことを知っている。エンストンとヴィリーには、驚異的な活力と熱意がある。そして、僕はその一部であることを光栄に思っている」

 ルノー・スポールのジェローム・ストール会長は「我々は2017年シーズンに向け、ジョリオンを保持できることを喜んでいる」とコメントを寄せている。

「ジョリオンは、我々と共に開発していくことを渇望している。チームが成長してきたように、彼もシーズンが進むにつれ、コース上で強力なパフォーマンスを発揮するようになったことに感銘を受けている。ジョリオンとニコ・ヒュルケンベルグという組み合わせが、我々の目標を達成するのに非常に有望なドライブをもたらしてくれることを確信している」

「ジョリオンはチームの精神、そして彼と共に働く人々のモチベーションを理解している。ジョリオンとニコのラインアップは、継続性と新鮮な血液を合わせるというメリットがある。私は、ニコがチームメイトになるということは、ジョリオンの成長を促すことにも役立つと確信している」

「我々は、ケビン・マグヌッセンの2016年の貢献に感謝している。彼は今年、我々のために素晴らしい仕事をしてくれた。彼の2017年がうまくいくことを願っている」

 ヒュルケンベルグとの契約が発表された後、ルノーのふたつ目のシートをパーマーと争っているとみられていたのが、マグヌッセンとエステバン・オコンである。しかしマグヌッセンはハースに、オコンはフォースインディアに加入することになると考えられる。

【関連ニュース】

2017年マグヌッセンがハースへ移籍か? 契約交渉は最終段階へ

ルノー、メルセデス打倒に向け、来季パワーユニットのコンセプト一新へ

ルノーのリザーブ、シロトキンがブラジルGPのFP1を担当

ドライバー市場のカギを握るオコン。彼の移籍先は?

ヒュルケンベルグ、複数年契約でルノー加入。「シューマッハーのようにルノーで成功したい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Jolyon Palmer
チーム Renault F1 Team
記事タイプ 速報ニュース