【F1】ルノー、メルセデス打倒に向け、来季パワーユニットのコンセプト一新へ

ルノーは2017年に向けて、パワーユニットのコンセプトを完全に新しくすることがわかった。

 ルノーは混乱の2015年シーズンを過ごし、F1から完全に撤退してしまう可能性もあった。しかし今シーズンは素晴らしい進歩を遂げている。

 今シーズンから、ルノーはワークスチームとして参戦しF1との関わりを新たにしており、パワーユニットを提供しているレッドブルが2勝を挙げている。ルノーは、将来もっと良い成果を出すための下地を築いたと考えている。

 そして、2017年の新しいパワーユニットを含めた、ルノーの計画の一部が明らかになってきた。ルノーは2014年から使用してきたコンセプトは、すでにポテンシャルの限界に達したと感じているようだ。

 ルノーのチーム代表のフレッド・バスールは「我々はいくつか素晴らしい進歩を遂げている最中だ。我々は来季、完全に新しいパワーユニットを導入する」とmotorsport.comに語った。

「100%新しいものだ。現在のものの開発は終了した。前進するためには一歩踏み出すことが必要であり、我々はそうするだろう。これまでのところ、全てが向上しており、予想に近いところまで来ている」

コンセプトの変更

 ルノーはタービンとコンプレッサーを分割配置するという、メルセデスのコンセプトを採用するのかと問われたバスールは「それはルノーのコンセプトだ……でも我々はパワーユニットについて、他者の考えに固執する必要はないと私は思う」

「我々は過去6〜8ヶ月で非常に素晴らしい進歩を果たした。もう一歩前進したいなら、少しコンセプトを変える必要がある。私が思うに彼らはそれをしたんだ」

 ルノーユーザーであるレッドブルは、再び空気力学が強調される、新しいレギュレーションが導入される2017年のタイトル争いにおいて、メルセデスに対抗する最有力候補である。

 今季大きく前進し、メルセデスとのギャップを詰めたルノーは、2017年にも同じような飛躍ができるとバスールは予想している。

「我々は冬を通して改善した。スペックAからスペックBへとね」と彼は語った。

「来年も同じことができると予想しているし、シーズンの間もそうだ」

【関連ニュース】

ルノー、パワーユニットのアップデートは2017年まで行わず

レッドブル「ルノーのパワーユニット、メルセデスとの差は約47馬力」

マグヌッセン「ルノーは成功するし、僕はその成功の一部でありたい」

ヒュルケンベルグ、複数年契約でルノー加入。「シューマッハーのようにルノーで成功したい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Renault F1 Team
記事タイプ 速報ニュース