【F1】ルノーのリザーブ、シロトキンがブラジルGPのFP1を担当

ルノーのリザーブドライバーのシロトキンは、マグヌッセンに代わり今季2回目のFP1を走行する予定だ。

 ルノーのリザーブドライバーであるセルゲイ・シロトキンは、今週末のブラジルGPのフリー走行1回目(FP1)をケビン・マグヌッセンのマシンで走行する予定だ。シロトキンは現在GP2に参戦しており、2年目にしてドライバーランキング4位にいる。

 今季、シロトキンのFP1走行回数はブラジルGPにして2回目であり、1回目はロシアGPにてマグヌッセンのマシンでドライブした。

 またルノーは、今季13戦目ベルギーGPからマノーのドライバーとなったエステバン・オコンにFP1を4回走らせており、その間はマグヌッセン、もしくはそのチームメイトのジョリオン・パーマーのマシンを使用している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Kevin Magnussen , Sergey Sirotkin
チーム Renault F1 Team
記事タイプ 速報ニュース