【F1】レッドブル「タイトルがかかっているレースだった。メルセデスの考え方は甘い」

レッドブルのチーム代表は、レース前からハミルトンが勝利のために取るべき戦術的なレースについて語っていた。

  レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、最終戦アブダビGPのレース前にルイス・ハミルトン(メルセデス)がタイトルを獲得する唯一の選択肢は、同僚のニコ・ロズベルグをペースダウンさせ他のドライバーにオーバーテイクさせやすくするテクニカルな戦略をとることだと話していた。

 アブダビGP後のホーナーに対し、ハミルトンが実際にそれを行なったことは驚くべきことだったのか訊くと、彼は次のように答えた。

「他の選択肢を選ぶはずがないと思っていた」

「彼は完全にルール内でプレーしていた。今回のレースは彼にとって十分なものにはならなかったが、彼が勝つためには(ロズベルグとの)間のドライバーが必要だった。もし彼とのギャップが大きかったのなら、決してそんなことをしなかっただろう……その可能性はなかった」

「彼はできるだけスローペースで走り、レースを勝ち取った。ボールを相手側に渡さず、主導権を握らせないサッカーの試合のようだ。私は彼が悪いことをしているようには見えなかった」

「今回チャンピオンシップを争っているのはふたりしかいなかった。彼がそうしようとしていたのは完全に明らかだ」

メルセデスの考えは”甘い”

 ハミルトンがロズベルグをわざと退けさせていたのか、もっと速いペースで走ることができたのかはわからないとメルセデスは話している。

 ホーナーは、世界チャンピオンがかかっているのにも関わらず、メルセデスがそのレースで違う何かを期待していたのであればその考え方は”甘い”と語った。

「ニコを祝福するよ。今季彼は素晴らしいスタートをきった。そして彼はとても価値のある世界チャンピオンになった。しかし、今回のタイトルがかかったレースで、別のアプローチがあることを期待していたのなら甘いと思う」

 ホーナーはハミルトンが自分のドライバーだったのなら、彼に対し何をしたかと訊かれると次のように答えた。

「トト(ウルフ/メルセデスのチーム代表)は他のチームのドライバーも含めて、パドック全体をコントロールしたいと思っている人間だ……よってやり方は全く違うだろう」

「彼らはチャンピオンシップを獲得するためにレースをしている。最後に残ったのはふたりの男で、同じマシンを乗っている」

「ルイスはレースで優勝することは決してできず、戦術的なレースをした。彼は何も汚い真似はしていない。ルールに反してさえもいない。ルイスのドライブの仕方を見て彼を批判することは不公平になると思う」

「彼の目標を達成する唯一の選択肢は、レースが始まる前からわかっていたことだ。彼を批判するのは不公平だ」

 またホーナーは、メルセデスの緊迫している状況をレッドブルが利用することができるかと訊かれると次のように答えた。

「ルイスは私が提案した方法で走ったことをトトは気にかけているのだと私は理解している。だったら彼はレッドブルで走った方がいい……父親(ヨス・フェルスタッペン)より、むしろドライバーと直接話す方がいいじゃないか」

【関連ニュース】

レッドブル「ロズベルグが全てを失う可能性はある」

ハミルトン「”賢く簡単な”やり方はない。アブダビで優勝するのが目標だ」

レースレポート:ハミルトン優勝も、チャンピオンはロズベルグの頭上に輝く

ハミルトン「アンフェアなことや危険なことは一切していない」

ハミルトンが処分を受ける? 「”無秩序さ”に厳しく対応することもある」とメルセデス

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース