【F1】レッドブル総帥マテシッツ「F1撤退と言う”脅し”を真剣に考えたことはない」

レッドブルのディートリッヒ・マテシッツは、レッドブルはF1撤退を真剣に考えたことはないと語った。

 2015年シーズン、パワーユニットの競争力不足が原因でレッドブルとパワーユニットを供給するルノーの関係が悪化し、大きな注目の的になった。

 ルノーとの契約最終年だったレッドブルは、フェラーリやメルセデス、ホンダとパワーユニットの契約を結ぼうとしたが、失敗。結局、ルノー製パワーユニットにタグ・ホイヤーのバッチをつける形でルノーと再契約を結んだ。

 当時、競争力のあるパワーユニットを得られなかった場合、レッドブルはF1から撤退するのではないかと噂されていたが、レッドブルの代表であるディートリッヒ・マテシッツは撤退するという”脅し”を考えたことなどないと語った。

「本当に、それについて全く考えたことがない」とマテシッツは月曜日、スペインのスポーツ紙マルカとのインタビューで答えた。

「けれども理論的には、例えばパワーユニットのサプライヤーを確保できないような場合には、そういうルートを辿る可能性は間違いなくあった」

フェルスタッペンの進歩を喜ぶマテシッツ

 レッドブルの事態は好転し、今季これまで2勝を挙げており、来季メルセデスの4連覇を阻止するチャレンジャーの最有力候補である。

 マテシッツはマックス・フェルスタッペンの進歩に喜びを示している。マテシッツは、フェルスタッペンはアイルトン・セナのようにF1で偉大なドライバーになるポテンシャルを持っていると考えている。

 フェルスタッペンはセナに似ているかと問われたマテシッツは「彼の天性の才能、メンタルの強さ、彼がレースで見せる度胸を考慮した場合、イエスだ」

「けど、彼のスピードやスキル、勢いを数年間に渡って維持する能力も必要になってくる。そうできるかは誰にもわからないが、我々は彼のポテンシャルを信じている」

 マテシッツは、トロロッソのカルロス・サインツJr.にも大きな期待を寄せており、それがレッドブルがサインツJr.を手放さなかった理由だと語った。

「カルロスは素晴らしいスポーツマンだし、人格やカリスマ、才能も素晴らしい」とマテシッツは語った。

「彼にとっての問題は、レッドブルがすでにダニエル(リカルド)とマックスという素晴らしいドライバーをふたり揃えていることと、トロロッソのパフォーマンスがメルセデスやレッドブルといったドライバーに挑戦するためには、不十分だということだ」

「カルロスにとって、我々の”ルーキーチーム”にもう1年留まることが良いことだと、私は固く信じている。特に来季は、マシンのパフォーマンスをかなり改善させられると期待しているからね」

【関連ニュース】

来季マシンは簡単だと豪語するフェルスタッペン。「目をつぶってドライブできる」

ブレーキング時の進路変更は違反。フェルスタッペン「ポジティブに受け入れる」

ラウダの批判を退けるホーナー。「タイトル争いはフェルスタッペンに関係ない」

サインツJr.「F1のトップチームで走りたい。その準備はでき始めている」

サインツ、ルノーからの接触は「名誉なこと」と発言

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース