【F1】「価値のあるチャンピオンだ」、チーム代表から賞賛を受けるロズベルグ

メルセデスのチーム代表とエクゼクティブディレクターは、新チャンピオンに輝いたロズベルグを賞賛した。

 メルセデスのニコ・ロズベルグは、2016年ドライバーズチャンピオンに輝いた。そこにはチームメイトのルイス・ハミルトンがチームの秩序を反していたという一場面もあったが、チーム代表のトト・ウルフとエクゼクティブディレクターのパディ・ロウは、厳しいシーズンを制したロズベルグを賞賛している。

 彼はハミルトンの戦術に対処するだけでなく、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)をオーバーテイクして、ピットストップで失ったポジションを取り戻した。そしてレース終盤のフェルスタッペン及びベッテルの猛追を退けた。

 ロウとウルフのふたりは、彼がシーズン毎にパワーアップしていたこと、彼のプレッシャーに対処する能力が、価値のあるチャンピオンに輝かせたと口を揃える。

 ロウは次のように語った。

「多くの人はレースに勝つことができるが、チャンピオンシップはその”耐久性”に関わる。今回はF1史上最長の戦いだ。あの戦い(アブダビGP)を上回るものはないだろう」

「かなり神経を掻き立てられただろう。ニコは前と後ろから圧迫された。しかし、マックスに対して素晴らしいオーバーテイクを成功させた。もしあの時、マシンを失ってしまっていたら、チャンピオンシップは完全に終わっていた。その全てを受けても彼は耐え抜いた。これは素晴らしいチャンピオンだと認められることだろう」

ロズベルグへの信頼度

 ハミルトンはレース後、チャンピオンシップが信頼性の問題によって軌道から逸れてしまったと話した。それはシーズン序盤の予選でのエンジンブローと、マレーシアでのブローについてだった。

 ウルフは、セパン(マレーシアGP)でのトラブルが勝敗を分ける決定打になったことを受け入れているが、それでもロズベルグがチャンピオンに相応しい男であることを信じていた。

 ウルフはマシンの信頼性に対するハミルトンの発言について訊かれると次のように語った。

「これはマシンを伴うスポーツだ。彼らがスタート時にグリッドで動けなかったら、勝ててはいないだろう」

「このチームは過去3年間にわたって最高のマシンを作り、レースとチャンピオンシップを勝ち獲ってきた。メルセデスは時々ドライバーを裏切ってしまった。しかし、祝うことができないレースは少しずつ減っていった。今季、マレーシアでの一件は(ハミルトンから)チャンピオンシップを遠ざけた。それは明らかだ」

「一方で私とルイスは、ニコと彼の業績とは関係なく、この状況について話し合ってきた」

「チームメイトとして最も才能のあるドライバーを相手にレースを行い、世界選手権に勝利し、これまでの数年間を終えることは大きな成果だ」

「私はそれを尊重すべきだとは思うが、彼(ロズベルグ)は簡単にくじけなかった。好きにはさせなかった。そして彼は特徴的な世界チャンピオンなった。世界チャンピオンに相応しい男だ」

【関連ニュース】

ハミルトンが処分を受ける? 「”無秩序さ”に厳しく対応することもある」とメルセデス

パディ・ロウ「あれは”避けられない戦い”だった」

チームオーダーに葛藤があったウルフ「チームの”哲学”に従いレースに干渉した」

激しいプレッシャーに打ち勝った新王者ロズベルグ、ハミルトンに理解示す

ハミルトン「アンフェアなことや危険なことは一切していない」

レースレポート:ハミルトン優勝も、チャンピオンはロズベルグの頭上に輝く

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース