【F1】期待の来季を前に冷静なリカルド「騙されちゃいけない。来年もメルセデスは強い」

リカルドは来季の新レギュレーションの元でもメルセデスは強いと考えており、彼らに”騙されてはいけない”と語った。

 来季の新レギュレーションによって、F1は部分的にリセットされるため、現在の序列に変化が生じる可能性がある。しかしレッドブルのダニエル・リカルドは、過去3シーズンにわたって支配的であったメルセデスに対抗するチャンスについて、冷静さを保っている。

 motorsport.comのGPガゼットによる独占インタビューで、リカルドはメルセデスのパッケージ全体の強さに関して、人々は”騙されてはならない”と語った。

 リカルドは、最近のシーズンでメルセデスのマシンが速い理由はパワーユニットだけではなく、2017年には今以上に競争力のあるエアロ・ソリューションを考え出すだろうと語った。

「多くの人々が、おそらく(レッドブルの2017年のチャンスについて)おそらく少し興奮していると思う」とリカルドは語った。

「言うまでもなく僕はそのことについて、少し冷静でいられるように努力している」

「僕たちは素晴らしいエアロ・パッケージを得ることができると思うが、おそらくストレートでタイムを失うだろう。そしてメルセデスは……騙されてはいけない。彼らは素晴らしいパワーユニットを持っていると確信しているが、彼らは素晴らしいマシンも持っている」

「どうなるか見てみよう。シンガポールでも、彼らは僕たちと比べてストレートでタイムを稼いでいた。ロズベルグの予選ラップは0.5秒速かったから、彼は良いマシンを持っているんだ」

「僕は、来年もまだ彼らがターゲットになると思う。彼らは(開幕戦の)メルボルンに倒すべきチームとして現れるだろう。だけど、彼らと戦うことができるくらい近づけることを願っている」

【関連ニュース】

【解説】”5秒”速い!? 2017年のF1マシンを徹底解説

2017年のF1カレンダー決定。ル・マンとの日程衝突回避も、FEニューヨークとバッティング

ピレリ「各チームの2017年マシンのシミュレーション結果は、似たようなものになってきた」

ピレリ2017年用プロトタイプタイヤのテストを完了。2月に向けコンパウンド選定作業へ

アメリカGP:メルセデス「2017年の戦いは既に始まっている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース