【F1】来季マシンは簡単だと豪語するフェルスタッペン。「目をつぶってドライブできる」

フェルスタッペンは、来季のF1マシンはダウンフォースが増えるため、”目を閉じて”コーナーを抜けられるようになると語った。

 F1は来季、大きなレギュレーション変更を迎える。フロントウイングが大きくなり、タイヤが幅広化しマシン自体もワイドになるため、5秒ほどのラップタイム向上が見込まれている。

 改善されたスピードにより、現在タイヤをマネジメントすることに集中しているのとは異なり、ドライビングの才能がより重要になると期待されているが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは劇的に物事が変わるとは考えていない。

 レッドブルのシミュレーターで2017年マシンを試したフェルスタッペンは、最も大きい違いは単により体力が必要とされるだけであって、限界まで攻めるために度胸が必要なほどではないと語った。

「直接、度胸が必要になったとは言えないだろう。グリップがはるかに増えているから、簡単になった」とmotorsport.comの独占インタビューでフェルスタッペンは語った。

「今のマシンは時々、いくつかの高速コーナーでアクセルをフラットの状態では行けないほど限界なんだ。来年は”目をフラットに”閉じてもいけるようになる」

「身体的にすごく強くなる必要があるだけだから、他に頑張ることなんてないよ。シミュレーターでドライブしてみたことから考えると、一般的にもっとドライブが簡単になると思う」

 フェルスタッペンは、2017年F1マシンが5秒速くなるという計画を実現するためには、ピレリが2017年のタイヤをどれほど改善するか次第だという。ピレリは現在のタイヤの熱劣化特性を改善しようとしているからである。

「僕はタイヤがあんなにオーバーヒートしないように願っている」とフェルスタッペンは語った。

「でもマシンの重量も増えるから、わからない。もちろんタイヤは幅広になるけど、同じことがまた起きるかもしれない。だからどうなるか見てみる必要がある」

「マシンの見た目は良くなる」と語るフェルスタッペン

 フェルスタッペンが気に入っていることのひとつは、マシンの見た目がファンへのアピールになると考えられることだ。

 レッドブルの来季マシンのコンセプト画像について、フェルスタッペンは「あんまり多くは見てない。まだ開発の途中だからね」と語った。

「けど見た目は関心を引くものだ。何人かの人々がインターネットに画像を上げているものでさえね。僕は確信しているよ。だから今は、強くなれるように取り組んでいるところだ」

【関連ニュース】

【解説】”5秒”速い!? 2017年のF1マシンを徹底解説

2017年F1マシンは”美しい”とフェラーリTD語る

来季F1用ワイドタイヤをテストしたブエミ。「来年のマシンは新人にとって ”恐怖” 」

来季のF1マシンを恐れないバンドーン。スーパーフォーミュラでの経験も力に。

来季レギュレーションに慎重な姿勢を取るアロンソ。「来年のF1が成功するかはタイヤ次第」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース