F1を乗りこなしてみせたロレンソ。それでも「コーナーでは”別世界”」

ロレンソは今週、自身初めてのF1マシンテストを行い、マシンの性能に驚いたと語った。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは、共通のスポンサー、モンスター・エナジーを通じて、2014年のメルセデスのマシン、W05をテストした。

 彼は、マシンをドライブするのは原則的には”割と簡単”だったと語ったが、ブレーキの制動距離と、高速コーナーにおけるグリップレベルは、”正気とは思えない”、MotoGPとは”別世界だった”と語った。

「僕にとって、この数日間はとても特別だった」と彼は語った。

「このスポーツでベストなエンジニアたちと働ける機会があり、GP2のマシンをドライブし、シミュレーターでテストを行った。最終的に、本物(F1マシン)をドライブすることができたんだ」

「素晴らしい時間だった。最後のアタックのタイムにはすごく満足している。エンジニアのアドバイスで、僕のタイムはすごく競争力のあるものになった」

「ドライブするのは比較的簡単だった。マシンはコーナーですごく、すごく速かったし、マシンのグリップは現実とは思えないほどだった。最初のラップはそのパワーを感じていたけれど、慣れてくるとMotoGPのバイクに似ているように感じた。でもコーナーでは別世界だった。(MotoGPと比べ)時速約40kmも中速コーナーで速いんだ」

「ブレーキをすごく遅らせることができたことも驚きだった。高速コーナーでアクセルを全開にしても、マシンを支えられるほどの量のグリップは、正気の沙汰ではないよ」

ロレンソがチャンピオンたる所以がわかったとメルセデス

 メルセデスのトラック・エンジニア、リカルド・レーンはテストについて「ホルヘと働けたのは素晴らしいことだ。彼はトラックに到着した時から、やる気が満ちていたし、トラックに入ることを熱中していた」と語った。

「彼は、走行の間にデータをじっくりと読み込み、改善ができるエリアを探していた。彼が二輪の世界で、何回もワールドチャンピオンになった理由がわかったよ」

「自身のパフォーマンスの詳細に関する、彼の興味は印象的だった。彼はフィードバックを受け、毎回の走行で改善を見せた」

「私たちにとっても、ホルヘと働けたことは素晴らしい体験だった。MotoGPの残りのシーズン、彼の素晴らしい結果を願っているよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , MotoGP
ドライバー Jorge Lorenzo
記事タイプ 速報ニュース