【F1アブダビGP】3番グリッドは可能だったと主張するベッテル「フェルスタッペンのミスが影響」

アブダビGPの予選で、フェルスタッペンがタイヤをロックさせたせいで、ベッテルは3番グリッドを獲得するチャンスが奪われたと語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、予選Q3の重要な最後のアタックの際にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のすぐ後ろを走行していた。しかし、フェルスタッペンはターン11でブレーキをミスし、タイヤをロックアップさせコーナーでワイドになってしまった。

 ベッテルは3番グリッドを獲得したレッドブルのダニエル・リカルドから0.072秒差の5番手に終わった。ベッテルはフェルスタッペンのミスにより最終セクターに妥協を強いられたと感じており、これが原因でグリッド2列目を逃したと語った。

「彼が行ってから、僕はスモークを見た。僕は彼を抜いたんだ」とベッテルはフェルスタッペンのロックアップを振り返った。

「彼が走行ラインにいたとは思っていないが、僕は少しリズムを失ってしまったし、最終セクターをまとめきれなかった。もしそれがなければ、僕は3番手は狙えただろう」

 予選6番手に終わったフェルスタッペンも、メルセデスのふたり、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのすぐ後ろにつける、3番グリッドを獲得するチャンスはあったと感じており、彼のミスによってそのチャンスが手からこぼれ落ちたと語った。

「Q1とQ2はすごく良かった。問題はなかったが、Q3の最初のラップはターン11でフロントをロックさせたせいで、以前のラップより最低でもコンマ2秒失った」と彼は語った。

「それはまだ良かった。(そのラップの後)僕は3番手から0.15秒遅れだった」

「2回目のアタックでは、セクター1で0.2秒改善したけど、ターン11でアウト側のタイヤを激しくロックさせてしまい、ワイドになってしまった」

「今日は容易に3番手になれたはずだけど、ターン11のブレーキングで正しいフィーリングを得ることができなかった」

【関連ニュース】

SSタイヤスタートを選択したレッドブル「”ローリスク”な戦略を採用した」

予選に完全に集中しているハミルトン「レースの事は今日の夜考える」

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

リカルド、二日目以降のペースアップに自信。「メルセデスに挑戦できる」

レッドブル「ロズベルグが全てを失う可能性はある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Max Verstappen , Sebastian Vettel
記事タイプ 速報ニュース