【F1アブダビGP】FP1:ハミルトンがソフトでトップタイム。USタイヤのロズベルグを上回る

アブダビGPフリー走行1回目はメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 11月25日金曜日14時(日本時間18時)に2016年F1の最終戦、アブダビGPが幕開けした。開催地のヤス・マリーナ・サーキットは気温30℃、路面温度37℃のドライコンディション。その中で行われた金曜日のフリー走行1回目(FP1)は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 セッションがスタートしてから約15分間、多くのドライバーはソフトタイヤ(ハースとザウバー、マノーはスーパーソフト)を装着してインプレッション走行を行った。コースが空くと、メルセデス勢のふたりはウルトラソフトタイヤを履き早速アタックを開始。ハミルトンとニコ・ロズベルグは1分43秒台前半を記録した。

 一方ソフトタイヤを装着したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メルセデス勢のウルトラソフトタイヤのタイムから約0.5秒落ちの1分43秒590をマークした。フェラーリも同じソフトタイヤを装着し、キミ・ライコネンが1分45秒134を記録した。

 21分経過後、トロロッソのダニール・クビアトが最終コーナーで左リヤタイヤをパンクさせ、徐行でピットに向かった。しかし、タイヤは徐々にバラバラになっていき、フロア付近のパーツを叩くように壊してしまう。チームの無線でマシンをストップするよう指示され、ターン9(S字区間)のエスケープゾーンでマシンを停車させた。

 今回マノーのエステバン・オコンの代わりにジョーダン・キングがドライブしたが、ターン5-6でスピンし、マシンのサイドでボラードを轢くが大事には至らなかった。その後ウイリアムズのフェリペ・マッサやハミルトン、ハースのロマン・グロージャンも同じコーナーでスピンを喫するなど、多くのドライバーがこのコーナーで苦しんだ。

 セッション開始から40分後、タイヤを返却するために走行していたドライバーたちはピットイン。コースが一旦静まった後、ソフトタイヤを履いたマクラーレンのフェルナンド・アロンソがコースインし、一時的にコースを独占する。数周アタックに集中するが、トップ3チームには2−3秒及ばない。

 ターン5でスピンを喫していたグロージャンは、ホームストレートの先の左コーナーに向けて、ブレーキをかけた瞬間に再びスピンしエスケープゾーンに突っ込んでしまう。なんとかガードレールにクラッシュすることは逃れることができたが、彼はその前から左コーナーが何故かやり辛いとチームに報告していたのだ。今季がデビュー・イヤーのハースは、今年多くのレースでブレーキに悩まされている。

 メルセデス勢はウルトラソフトからソフトに履き替え、再び走行を開始。一方のレッドブルとフェラーリも新品のソフトを装着した。

 セッション残り25分でハミルトンが1分42秒869と今回セッションのトップタイムを記録。ロズベルグはソフトタイヤでのタイム更新はならなかった。一方のレッドブル勢は1分43秒台前半で、ロズベルグの約0.1秒差につけた。フェラーリ勢はセッション序盤ハロをテストしたセバスチャン・ベッテルが1分44秒005、ライコネンは1分44秒556を最終的にマークし、トップから約1秒差にある状況だ。今回が最終レースとなるマッサは1分45秒039をマークし、ライコネンの0.4秒差につけている。

  フェラーリ勢にタイムで分け入ったのは、スーパーソフトを装着したフォースインディアのセルジオ・ペレスで、1分44秒155。トロロッソのカルロス・サインツJr.もスーパーソフトで1分44秒685を記録し、8番手につけた。

 次回セッションであるフリー走行2回目は、本日17時(日本時間22時)よりスタートする。

 アブダビGPフリー走行1回目 タイム結果:

ClaDriverChassisEngineLapsTimeGapInterval
1  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 27 1'42.869    
2  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 31 1'43.243 0.374 0.374
3  Max Verstappen  Red Bull TAG 26 1'43.297 0.428 0.054
4  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 26 1'43.362 0.493 0.065
5  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 27 1'44.005 1.136 0.643
6  Sergio Perez  Force India Mercedes 22 1'44.155 1.286 0.150
7  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 26 1'44.556 1.687 0.401
8  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 21 1'44.685 1.816 0.129
9  Felipe Massa  Williams Mercedes 27 1'45.039 2.170 0.354
10  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 20 1'45.168 2.299 0.129
11  Alfonso Celis Jr.  Force India Mercedes 26 1'45.476 2.607 0.308
12  Romain Grosjean  Haas Ferrari 13 1'45.600 2.731 0.124
13  Felipe Nasr  Sauber Ferrari 17 1'45.778 2.909 0.178
14  Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 20 1'45.925 3.056 0.147
15  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 31 1'45.940 3.071 0.015
16  Jolyon Palmer  Renault Renault 32 1'46.219 3.350 0.279
17  Kevin Magnussen  Renault Renault 20 1'46.372 3.503 0.153
18  Fernando Alonso  McLaren Honda 21 1'46.379 3.510 0.007
19  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 29 1'46.458 3.589 0.079
20  Jenson Button  McLaren Honda 10 1'47.127 4.258 0.669
21 John King  Manor Mercedes 26 1'47.558 4.689 0.431
22  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 4 2'01.989 19.120 14.431

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サブイベント 金曜 フリー走行1
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
記事タイプ フリー走行レポート