【F1アブダビGP】SSタイヤスタートを選択したレッドブル「”ローリスク”な戦略を採用した」

クリスチャン・ホーナーは予選Q2でスーパーソフトタイヤを選択した理由を、”リスクの低い”戦略だったからだと語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンは、アブダビGPの予選Q2でウルトラソフトタイヤではなく、スーパーソフトタイヤを選択し、Q3進出を果たした。この結果、予選のトップ10ではこの2台のみがスーパーソフトタイヤで決勝をスタートすることになった。

 予選Q3では、リカルドが3番グリッドを獲得した一方でフェルスタッペンは6番手に沈んだ。

「それがリスクの低い戦略のひとつだったんだ。僕らはそのタイヤでも予選は安全だったからね」とホーナーはmotorsport.comに語った。

「それ(スーパーソフト)はウルトラソフトより少し頑丈だ。僅かな違いを生む選択だった」

「我々はその決定を今朝したんだ。FP3の後にね。ダニエルは明日のスタートに向けてベストな結果を持ち帰った。レースでうまくいくか見てみよう」

「マックスについては残念だった。彼は良いペースでアタックしていたが、ターン11でミスをし、アドバンテージを失った。しかしダニエルは素晴らしいラップをして、キミ(ライコネン)の前に出るために必要だった100分の5秒を見つけ出したんだ」

 ホーナーは、リカルドがレースでメルセデスのふたりをかき回すことができると期待している。

「我々が今季最後のレースをエキサイティングなものにすることができれば、素晴らしいと思う」と彼は語った。

「良いスタートを決めて、ふたりの間に入ることができれば、それは本当にエキサイティングだ」

「彼のタイヤが良いコンディションであることを願う。ウルトラソフトの性能劣化はわかっているし、ダニエルは昨日の走行でとても速かった」

「メルセデスがいつもペースを隠していることはわかっているが、もし我々が彼らに全力を出させることができれば、何かが起こるかもしれない」

【関連ニュース】

予選に完全に集中しているハミルトン「レースの事は今日の夜考える」

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

リカルド、二日目以降のペースアップに自信。「メルセデスに挑戦できる」

レッドブル「ロズベルグが全てを失う可能性はある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース
タグ christian horner