【F1アブダビGP】できる限りの準備を終えて最終戦に臨むハミルトン「思う存分レースをするだけ!」

自身が最高の状態だと語るハミルトンは、準備万端でタイトル決定戦となるアブダビGPに臨む。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、最終戦アブダビGPの予選で、逆転チャンピオン決定に向けて最初の目標であるポールポジション獲得を達成した。

 最初の目標を達成した後の、レースに向けての精神的なアプローチを問われたハミルトンは「例えばニコ(ロズベルグ)を見てみると、彼は毎レース同じようにアプローチすることに本当に集中している。それが彼の思考プロセスなんだ」と答えた。

「僕については、チャンピオンシップのことは考えていないんだ。言うまでもなく、やるべきことはわかっているけど、マシンに乗って毎回ベストを尽くすことに完全に集中している」

「どういうわけか物事が本当にうまくいって、エンジンの問題が起こる前の”良い場所”に戻ってこられた。毎レースやっているように、思う存分レースをするだけだ。それ以上でもそれ以下でもないよ」

「僕は基本的に、1度に1日のことしか考えられないんだ。僕は今週ポールを獲得することに100%集中していた。1ミリ秒も決勝のことを考えていなかったんだ」

「けど今は完全に集中しているよ、100%だ。それが僕のやるべきことだ。ストラテジストやエンジニアと作業をし、僕が完全に集中していることを確かめるために、以前のレースで勉強をしている」

 ハミルトンは各フリー走行の最後に、ポールポジションでスタート練習を行っており、決勝のスタートの準備は完全に整っていると語った。

「僕は毎回のスタート練習を、ポールの位置でやったんだ。そこでスタートすることを計画していたからね」とmotorsport.comに問われた際にハミルトンは語った。彼は予選で2番手となり、2番グリッドから決勝をスタートすることになった際の準備はしなかったのだ。

「僕はどうやってポールを獲得するか決めていたんだ。僕らは多くの情報を得ているし、できる限りの準備は整っている」

【関連ニュース】

逆転王座を狙うハミルトン「マシンは絶好調。ここまでは完璧な週末」

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

最終戦で逆転タイトルに挑むハミルトン「すべてを捧げた今季を誇りに思う」

トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

2007年の敗北を教訓にしているハミルトン「最後の最後まで諦めない」

メルセデス、スタート改善のためハミルトンのステアリングをアップデート

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース