【F1アブダビGP】ギヤボックストラブル再発も、満足のベッテル「”宿題”は大体終わった」

ベッテルはFP2でギヤボックストラブルに見舞われたものの、満足の金曜日を過ごしたと語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、金曜日の両セッションを支配したメルセデスの2台に最も近いチャレンジャーだった。ベッテルはフリー走行2回目、トップタイムを記録したルイス・ハミルトンから0.269秒差の3番手となった。

「僕たちにとって良い金曜日になったと思う。実際、すごく良い金曜日だった」とベッテルは語った。

「今朝は路面温度が高くて少しトリッキーで、少し苦労した」

「午後のセッションはマシンが落ち着いた。実際すごく良かった。ロングランにもかなり満足している」

「早い段階で少しフロントに苦労した。おそらく少しアグレッシブだったせいだと思うけど、全体的にはマシンはいい感じで、良いペースだったと思う」

「明日の予選でも同じようなフィーリングを期待しているし、パフォーマンスに値するグリッドを得ることができれば良いな」

 しかしながらベッテルは、セッション終盤にギヤボックストラブルに見舞われ、セッションを10分残してコース上にマシンを止めてしまった。彼は、もう少し走行をしていたかったと認めた。

「理想的ではない」と彼は語った。

「もう少し周回を重ねて、走行して終わった方が好きだ」

「他のマシンを見るのはすごく面白かった。そんな機会はない方が嬉しいけど、今日は面白かったよ」

「全体的に、僕たちは”宿題”の大部分を終わらせることができたと思う」

【関連ニュース】

リカルド、二日目以降のペースアップに自信。「メルセデスに挑戦できる」

FP2:トップタイムはハミルトン。磐石のロングランペースを発揮

FP1:ハミルトンがソフトでトップタイム。USタイヤのロズベルグを上回る

タイヤ面では完全平等。ロズベルグとハミルトン、同戦略でアブダビ決戦へ

トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース