【F1アブダビGP】サインツJr.「シーズン最悪の週末。望んでいたシーズンエンドではない」

サインツJr.は予選で最後列に沈み、アブダビGPの週末は”災害”だと語った。

 トロロッソのダニール・クビアトは、ホイールリムの問題により金曜日のフリー走行で左リヤタイヤに2度パンクが発生してしまった。トロロッソはこの問題に対処するため、カルロス・サインツJr.共々この日の走行を中止した。

 予選日の土曜日、チームはサスペンションに変更を施したが、どちらのドライバーも最後のフリー走行のほとんどをガレージで過ごした。

 この影響もあってサインツJr.は予選でペースに苦しみ、21番手で予選を終えた。後ろにはアタックをミスしたザウバーのマーカス・エリクソンしかいない。

「週末を通して問題を抱えていたし、予選に向けた準備も満足にできなかった。結局準備もできずに予選に挑み、うまくまとめることができずにコース上でタイムを失った」とサインツJr.は語った。

「これまでは悲惨な週末だ。明日はいいことがあると願っているが、これまでは今シーズン最悪の週末になっている」

 サインツJr.は、レースで多くな改善があるとは予想しておらず、望んでいたようなシーズンの締めくくりにはなっていないと認めた。

「僕らのペースはあまり良くないので、僕ら自身のレースをして、楽しめるように試してみよう。もし目指していることがすべてできれば、16位でフィニッシュできるだろうから、トライしてみる。でも、望んでいたようなシーズンの終わりではないよね」

 トロロッソはチームメイトのクビアトも予選Q1で脱落しており、18番グリッドからスタートする。

【関連ニュース】

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

トロロッソ、問題対策にマシンを調整も「正確な原因究明はまだ」

トロロッソ、クビアトのパンクの原因を調査中

F1アブダビGP FP2:トップタイムはハミルトン。磐石のロングランペースを発揮

F1アブダビGP FP1:ハミルトンがソフトでトップタイム。USタイヤのロズベルグを上回る

クビアトのチーム残留に噛み付くビルヌーブ。「トロロッソは”窓際”チーム」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Carlos Sainz Jr.
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース