【F1アブダビGP】パディ・ロウ「あれは”避けられない戦い”だった」

メルセデスのパディ・ロウは、アブダビGPの終盤の目を離せない展開に釘付けになっていたと認めた。

 メルセデスのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、ルイス・ハミルトンがチャンピオンを獲得するためにはニコ・ロズベルグが4位である必要があったため、アブダビGP終盤の展開は”必然の衝突”だったと語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが終盤にスーパーソフトタイヤで追い上げてきていたため、ロウはハミルトンにペースを上げるように命じたが、ハミルトンは明確にこれを拒否し、「(チャンピオンになれないなら)このレースに勝っても負けても関係ない」と無線で述べた。トップのハミルトンは、2番手のロズベルグが4位まで落ちない限り、戴冠の可能性がないため、意図的にペースを落としていたのだ。

「これがF1を面白くしているものだ。チームが望んでいることと、ふたりの別々のドライバーが望んでいることの間には、必然的に葛藤が生まれるようにできている」とロウは語った。

「ふたりの男はチームプレイヤーだが、結局はふたりはそれぞれ、勝利を望むドライバーなんだ」

「我々の主な目的はレースに勝つことで、赤いマシン(ベッテル)が我々のチームよりかなり速いペースで迫ってきているのを見るのは好きじゃなかった」

 チームの直接の指示を明確に拒否したハミルトンについて、ロウは「私たちがマシンをドライブしていたわけではないから、あまりその話題にはコメントしたくない」と答えた。

「マシンをドライブしていないのに、そのマシンの本当のペースなど、誰がわかるんだ? いくらか難題があった。結局、ルイスとニコはレースをしているんだ」

「セバスチャンの追い上げは素晴らしかった。彼は2台のレッドブルの前に出て、彼がフェラーリから良い戦略をもらったことがわかった。我々はそれを予想していなかった」

「スタッフはピットウォールに釘付けだったよ。最後の2周は、ベッテルはニコをパスするのか? ルイスもまさか…ってね。4台のマシンが1.5秒以内にフィニッシュラインを横切るのなんて、めったに見ないからね」

ロズベルグを賛辞するロウ

 ロウはロズベルグの達成した業績に敬意を表し、34年前に彼の父、ケケ・ロズベルグがチャンピオンに輝いたことに匹敵すると語った。

「私はニコにとてもとても満足している。なぜなら彼は23勝していて、これはチャンピオンを獲得していないドライバーの中で最多だったからだ」とロウは語った。

「その珍しく、特別なカテゴリに名前があるだけでも素晴らしいことだ」

「私にとって、今回のレースは勝つことだけでなく、エネルギーや責任、神経を持続させることが最もきつかった。それが全て土壇場に持ち込まれて、精神を保っていられるだろうか? 彼は今日をやったんだ。それは、真のワールドチャンピオンの証だ」

【関連ニュース】

決勝結果速報:ロズベルグが嬉しい初戴冠!ハミルトンの執念実らず

メルセデス「レース中は基本的にドライバーへの干渉はしない」

逆転王座を狙うハミルトン「マシンは絶好調。ここまでは完璧な週末」

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

レッドブル「ロズベルグが全てを失う可能性はある」

トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース