【F1アブダビGP】フリー走行3回目:ベッテルがトップタイムを記録。メルセデスの2台は4-5位

F1アブダビGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 F1最終戦アブダビGPのフリー走行3回目(FP3)が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 気温29度、路面温度35度というコンディションで始まったFP3。チャンピオンを争うメルセデスのふたり、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、セッションが始まってから堂々とガレージに入る。

 各車がインスタレーションラップのみを行ってピットに戻る中、トロロッソのダニール・クビアトが早速計測ラップをこなす。彼は金曜日に2度にわたって左リヤタイヤのパンクに見舞われ、走行距離を稼ぐことができなかったのだ。ただ、土曜日を迎えても、まだ原因が分かっていないという。

 ロズベルグとハミルトンは、セッション開始10分後あたりからようやく走行を開始。まずは揃ってスーパーソフトタイヤを履いた。ロズベルグは同じくスーパーソフトを履いたレッドブルのふたりに及ばない3番手タイム。一方のハミルトンは、一気にトップタイムを記録した。なおロズベルグはその後再び同じスーパーソフトでアタックを行い、ハミルトンに0.05秒差まで迫ってみせた。

 フェラーリ勢はウルトラソフトタイヤでの走行を選択。ベッテルはメルセデスとレッドブルを上回り、1分42秒034を記録した。ライコネンは一瞬コースオフしたシーンもあり、メルセデス、レッドブル勢を上回ることができず、最初の周回は6番手タイムだったが、その後もアタックラップを継続。チームメイトのベッテルを上回り、1分41秒700でトップタイムにのし上がった。

 セッション開始から20分が過ぎた頃、ハミルトンが突如スローダウン。「パワーを失った!」と無線で訴え、ピットに戻っている。ただ、大事には至らなかったようで、ウルトラソフトタイヤを履き、コースに戻っている。メルセデスのふたりはこのウルトラソフトタイヤで、セッション残り20分という時点で1-2のタイムを記録する。

 しかし、フェラーリの2台、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがこれを上回った。その中でトップタイムだったのはベッテル。ベッテルはこのセッション2セット目のウルトラソフトタイヤで1分40秒775を記録している。フェルスタッペンはベッテルから約0.1秒遅れの2番手。ライコネンも僅差で続いた。

 チェッカーフラッグが掲出される直前、ハミルトンは無線でブレーキの不具合を訴えた。結局ハミルトンはこのセッション4番手、ロズベルグは5番手で走行を終えている。このセッションを見る限り、メルセデス、レッドブル、フェラーリのトップ3チームは、非常に僅差につけていると言うことができよう。

 なおマクラーレン・ホンダ勢は11番手にフェルナンド・アロンソが、13番手にジェンソン・バトンがつけた。また、今回が現役最終レースとなるフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)はスピンするシーンもあり、14番手で予選前最後のセッションを終えている。

 この後、アブダビGPの予選は日本時間の22時からスタート。決勝、そしてチャンピオン争いに向け重要なタイムアタック合戦が行われる。

【関連ニュース】

トロロッソ、問題対策にマシンを調整も「正確な原因究明はまだ」

予選に完全に集中しているハミルトン「レースの事は今日の夜考える」

ギヤボックストラブル再発も、満足のベッテル「”宿題”は大体終わった」

F1第21戦アブダビGP フリー走行3回目結果
ClaドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/h
1 5   Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 16 1'40.775     198.406
2 33   Max Verstappen  Red Bull TAG 21 1'40.912 0.137 0.137 198.136
3 7   Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 14 1'40.999 0.224 0.087 197.966
4 44   Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 15 1'41.065 0.290 0.066 197.837
5 6   Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 19 1'41.168 0.393 0.103 197.635
6 3   Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 20 1'41.831 1.056 0.663 196.348
7 11   Sergio Perez  Force India Mercedes 19 1'41.885 1.110 0.054 196.244
8 27   Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 13 1'42.067 1.292 0.182 195.894
9 77   Valtteri Bottas  Williams Mercedes 19 1'42.076 1.301 0.009 195.877
10 21   Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 15 1'42.354 1.579 0.278 195.345
11 14   Fernando Alonso  McLaren Honda 14 1'42.585 1.810 0.231 194.905
12 30   Jolyon Palmer  Renault Renault 17 1'42.616 1.841 0.031 194.846
13 22   Jenson Button  McLaren Honda 15 1'42.664 1.889 0.048 194.755
14 19   Felipe Massa  Williams Mercedes 20 1'42.683 1.908 0.019 194.719
15 8   Romain Grosjean  Haas Ferrari 17 1'42.805 2.030 0.122 194.488
16 20   Kevin Magnussen  Renault Renault 17 1'43.057 2.282 0.252 194.013
17 94   Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 17 1'43.145 2.370 0.088 193.847
18 55   Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 10 1'43.301 2.526 0.156 193.554
19 12   Felipe Nasr  Sauber Ferrari 21 1'43.417 2.642 0.116 193.337
20 31   Esteban Ocon  Manor Mercedes 15 1'43.733 2.958 0.316 192.748
21 26   Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 13 1'44.105 3.330 0.372 192.059
22 9   Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 20 1'44.238 3.463 0.133 191.814

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サブイベント 土曜日 practice
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Sebastian Vettel
記事タイプ フリー走行レポート