【F1アブダビGP】ベッテル「満足いくシーズンではないけど、最後まで戦う」

当初の目標を達成できず、満足のいくシーズンではなかったが、見た目の結果以上に進歩のあった年だとベッテルは話した。

 フェラーリは、メルセデスとタイトル争いをすることを目標に今シーズンを迎えたが、レースでは勝利を挙げられず、コンストラクターズ選手権ではレッドブルに追いつけずに3位で終えることになりそうだ。

 ドライバーズ選手権で4位につけているセバスチャン・ベッテルは、フェラーリは3勝を挙げた昨年よりも前進していると考えているが、目標を達成できなかったということを認めた。

 木曜日にはアブダビで、「全体的に見れば、マシンは昨年よりも非常に良くなっていると思う」とベッテルは話した。

「マシンのパフォーマンスは、レースの結果以上に良くなっていると思う。でも状況は常にベストではなかった」

「今年はタイトルを争うつもりだったのにそれができなかったから、今年には満足できない。もう来年の目標は明確だ」

「大幅なレギュレーション変更に伴ってマシンを準備することは、僕たち自身を含めて、すべてのチームにとってかなり大きなチャレンジだ。でも、僕たちはそのためにここにいる」

 今シーズンは期待はずれなシーズンだったが、ベッテルはフェラーリが不当に批判されることがあったと考えている。

「僕らの最大の長所は、チームに経験があることだ」

「頻繁に批判されてきたけど、それは正当なものではないと思う。僕たちはとてもハードに仕事をしてきたし、スタッフたちは結束している」

 フェラーリはアブダビで良い結果を出して終わることができるだろうとベッテルは考えており、マシンとトラックの相性も良いだろうと期待している。

「僕たちは戦うためにここにいる。何度も言ってきたけど、僕らが望んでいたようなシーズンを送ることはできなかった。でも、最後まで戦うためにここにいる。このトラックは僕たちに合ってそうだ。悪くなるとは思えない」

【関連ニュース】

【F1】ライコネン復活にベッテル焦らず「フェラーリのペースを示せた」と自信

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース