【F1アブダビGP】リカルド、二日目以降のペースアップに自信。「メルセデスに挑戦できる」

リカルドは金曜日の走行を終えて、レッドブルはメルセデスのペースに挑戦できると考えている。

 アブダビGPの初日、フリー走行のセッションはどちらもルイス・ハミルトンがトップタイムを記録し、メルセデスが1-2となった。レッドブルのダニエル・リカルドとチームメイトのマックス・フェルスタッペンは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルにも遅れをとった。

 レッドブルのふたりはFP2でハミルトンから0.5秒以上遅れたが、リカルドはチームはもっと速さを見つけ、決勝でメルセデスと争うことができると自信を保っている。

「明日はもう少し速さを見つけられると思うし、3番手を争うことができるだろう」と初日5番手のリカルドは語った。

「メルセデスは予想通り先行しているが、はるか遠いってわけじゃない。今日の結果を見てみれば、日曜日はおそらく彼らとレースをすることができると僕は思う。それはナイスだよね」

 一方フェルスタッペンは、レッドブルはフェラーリより強いと確信しているが、接戦になると考えている。

「タイトになると思う」と彼は語った。

「フェラーリは今週末すごく強いけど、僕らの方が強いと信じているよ」

「僕らはそんなに遠く離れているわけではない。フェラーリもすごく強く見えるけど、僕のファステストラップは最終コーナーでトラフィックに遭ってしまった。僕らはかなり接近していると確信している。明日はエキサイティングな予選になるだろう」

 フェルスタッペンは、アタックラップでトラフィックに遭わなければ、ベッテルのラップには届くだろうと語った。

「フェラーリからは0.25秒遅れているが、ブロックされなければ同じようなラップはできると思っている。僕はそこでコンマ2、3秒失ったからね。僕らはそんなに離れていないよ」

【関連ニュース】

【F1アブダビGP】FP2:トップタイムはハミルトン。磐石のロングランペースを発揮

【F1アブダビGP】FP1:ハミルトンがソフトでトップタイム。USタイヤのロズベルグを上回る

【F1アブダビGP】タイヤ面では完全平等。ロズベルグとハミルトン、同戦略でアブダビ決戦へ

【F1】トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

【F1】2007年の敗北を教訓にしているハミルトン「最後の最後まで諦めない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース