【F1アブダビGP】逆転王座を狙うハミルトン「マシンは絶好調。ここまでは完璧な週末」

逆転タイトルを狙うハミルトンは、ポールポジションを獲得した予選でマシンが絶好調だったと語った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、予選Q3でチームメイトのニコ・ロズベルグを0.3秒以上も上回り、3戦連続でポールポジションを獲得した。

 彼は今季12回目、通算では61回目のポールポジション獲得となった。

「これまでは素晴らしい週末となっている」とハミルトンは語った。

「今日、今週末、再び完璧にハマったマシンを得ることができた」

「1周を通して僕にペースがあることはわかっていた。僕はターン1で攻めきれなかったので、もう少しタイムを伸ばせた。残りのエリアではコントロールできていたし最大限プッシュできていた」

 ハミルトンは、最終戦を前にロズベルグに対して12ポイントのビハインドになっており、ロズベルグが表彰台に上がればタイトルは彼のものとなる。

 3連勝で最終戦に乗り込んできたハミルトンは、結果がどうなろうと今シーズンを誇りに思うだろうと主張した。

「僕は今までのようにドライブするためにここにきた」と彼は語った。

「僕はベストを尽くしてレースを戦い、すべてを捧げてここまで来ることができたことはわかっている。誇りを感じて今シーズンを終えることができるよ」

「違う結果を期待していたけど、今年直面したすべての逆境と戦うことができたし、僕はそれを誇りに思う」

「今、ここでポールポジションを獲得した。僕は意欲的だし、自信を感じている。僕がチャンピオンシップを失った2007年は…どんな感じかわかっている。しかし僕は明日勝つために必要なものは全て持っているので、すごく興奮しているよ」

【関連ニュース】

予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

最終戦で逆転タイトルに挑むハミルトン「すべてを捧げた今季を誇りに思う」

トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

2007年の敗北を教訓にしているハミルトン「最後の最後まで諦めない」

メルセデス、スタート改善のためハミルトンのステアリングをアップデート

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース