F1アメリカGP決勝:トップ10ドライバーコメント

F1アメリカGP決勝レース後のトップ10ドライバーコメント

順位ドライバーシャーシパワーユニットギャップ
1  ルイス・ハミルトン メルセデス メルセデス 1:38'12.618

「今日、通算50勝目を達成できて嬉しい。長い間かかったけど、最も重要なのは堅実な素晴らしいレースだったということだ。このレース中、常にすごく上手くいっていたけど、フィニッシュラインを横切るまで、安心できなかった。最近のレースで、信頼性の問題に悩まされていたからね」

「スタートは100%クリアで、そうなることがわかっていた。素晴らしいフィーリングだったよ。特にたくさんの浮き沈みがあった後ではね。そして、そこからレースをコントロールできたんだ」

「オースティンでここ(1位)に戻ってこられて嬉しい。ここのファンの反応は、信じられないほど素晴らしいんだ。この好調を来週も維持することが目標だ。メキシコでチャンピオンシップのバトルをするのが待ちきれないよ」

2  ニコ・ロズベルグ メルセデス メルセデス +4.520

「良いスタートをして、ルイス(ハミルトン)をアウトから抜こうとしたんだけど、それはダニエル・リカルドに、ターン1で良いラインを残してしまうことにもなった。そして、リカルドに前に出られてしまった。そこからはレッドブルを抜くのが大変だったけど、僕たちは戦略を変更することにしたんだ」

「ミディアムタイヤで走ることで、多くの選択肢が取れるようになった。特にバーチャルセーフティカーが出動した時にね。ミディアムタイヤでのペースは本当に良くて、マシンのフィーリングが良く、終盤にはルイスに接近できるほどだった。でも、それじゃ遅すぎた。彼は今週いい仕事をしたし、勝利にふさわしい。メキシコでも僕らのバトルが続くのを楽しみにしている」

3  ダニエル・リカルド レッドブル タグ・ホイヤー +19.692

「レースのスタートは、スーパーソフトタイヤが助けになってくれたけど、実のところ、メルセデスよりはるかにスタートがいいとは思えなかった。それから、ニコがアウトサイドにマシンを向けたので、僕がインサイドに飛び込むチャンスが生まれたんだ。もちろん、ターン1でリードしている方がいいけど、ターン2でも十分だよ」

「始めの数周は、ルイスの近くにとどまろうとしたけど、ソフトタイヤを履いた彼は、僕より少し速かった。2位になれる、良いペースがあったと思うけど、今日はバーチャルセーフティカーが、僕らにとって良い方向に働いてくれなかった」

「あんまりがっかりはしていないよ。ここで表彰台に上がるのは、最高の気分だ。ここに来るのが好きだし、レースの前に聞いた国歌は最高だった。鳥肌が立ったんだ、嘘じゃないよ。それから表彰台に上がれるなんて、素晴らしい。大量のポイントを獲得できたし、僕らは少なくともニコのペースにはついていけたから、励みになった。次のレースでも、僕らにできることをやってみるよ」

「間違いなく、今日はマックス(フェルスタッペン)とキミ(ライコネン)はついてなくて、僕とセブ(ベッテル)しか残らなかったけど、僕らはまだ少し、フェラーリより速さを持っているようだ。今回みたいにできるようにやっていくし、最後の数戦も表彰台を狙って頑張る」

4  セバスチャン・ベッテル フェラーリ フェラーリ +43.134

「全体的に、今日は昨日より良い日で、素晴らしいレースだった。スタートはそんなに悪くなくて、ターン1では僕はすごくラッキーだった。誰かが僕に当たってきたんだけど、僕が思うにあれはニコ・ヒュルケンベルグかな、ラッキーなことに何も壊れなくて、そのまま走ることができたんだ」

「それからペースは良く、タイヤをケアして他の人より長く走ったんだ。予想していたより少し難しいレースになったけど、僕らは今日、マックスからプレゼントをもらった。でも不幸にもキミにも問題が起きて、リタイアしなければならなかった。僕ら2台ともが良いパフォーマンスを発揮して、チームのためにポイントを獲得できたはずなのに」

5  フェルナンド・アロンソ マクラーレン ホンダ +1'33.953
「今日は素晴らしく、面白い日だった。僕はそれを楽しんだよ。特にレースの終盤はね。カルロス(サインツ)とは戦略が異なっていて、僕とフェリペ(マッサ)と、タイヤが異なっていた。そのため僕らは彼とのギャップを詰めていった。僕らのタイヤの方が、トロロッソのタイヤよりコンディションが良く、アドバンテージがあった。最後の数周はすごく集中した。僕らの方が早かったし、オーバーテイクするために激しくプッシュした。トロロッソはストレートで遅いから、彼らをオーバーテイクするのはすごく簡単だった。DRSを開くだけで良かったからね。カルロスは45周を走っていたし、彼は非常にうまくドライブしていた。すごくコンスタントだったし、ミスを犯さなかった。僕らは素晴らしいバトルをした」

「今日、ウイリアムズをパスするためには、(サインツとは)違う場所で彼らをオーバーテイクする必要があった。タイトな、低速のコーナーでね。すごく強引だったし、タフだったけど、ファンに楽しんでもらえたといいな」

「今日の僕らの結果はモチベーションのために良いことだし、5位で僕はハッピーだけど、他のマシンがリタイアして2つポジションを上げている。週末を通して、僕らのペースが良かったとは言えないし、その理由を理解する必要がある」

6  カルロス・サインツJr. トロロッソ フェラーリ +1'36.124

「今日の結果は自分自信とチームにとって特別なものだ。今までで最高の成績なんだよ! 今シーズンの終わりまで僕らが戦い続けるために、こんなに後押しになり、こんなにやる気にさせることはない。でも、僕はただ、ここでのレース中、素晴らしい感触を得ていたんだ。この週末は忘れられないよ」

「僕にとってF1でのベストタイの成績を残すことができて、とても嬉しい。でも、今回の6位は、前回のバルセロナ(サインツJr.は今季のスペインGPでも6位になっている)と比べて、少し特殊な状況なんだ。なぜなら、僕らのクルマは、そうなるほど速いとは思っていなかったから。レース前のシミュレーションでは、11位か12位くらいがやっとだと思っていた。でも、5位を争ったんだ!」

「僕らは最初のスティントの終盤に、タイヤを残すことができた、そしてウイリアムズの近くに留まることができ、そしてソフトタイヤを履いたフェルナンド(アロンソ)とのギャップをマネージメントすることができた。ヴァーチャル・セーフティカーのタイミングも、僕らにとっては少し幸運だった。僕らは突然ウイリアムズの前に出ることができたけど、これは素晴らしいニュースだった」

「最後のスティントでソフトタイヤを履けば、非常に困難なことになるだろうとわかっていた。しかし僕らはそれを承知の上で、そのセットを使うことにした。最後の2周、タイヤはもう残っていなかったけど、僕ができる最大限のことをしようとしていた。フェルナンドとのバトルはとても楽しかった! 僕は、彼が僕を抜くだろうとわかっていたけど、自分自身に話しかけたんだ。『彼を少し困らせてやろう』と。僕は彼のレースを12年も見てきたんだ。彼がどんな風に攻めてきて、そしてどうやればポジションを守れるのか、僕は完全に分かっている。そして彼がDRSを開くまで、僕はすべての周回で彼を抑えることができたと思う」

「僕はとても喜んでいるし、とても幸せた。僕の中で起きていることは、きっとみんなには想像できないと思う。僕は外にそれを見せないようにしているけど、とても喜んでいるんだ。今夜は間違いなくシャンパンを抜いてお祝いだ。僕にとっては今日の結果は勝利に値するよ!」

7  フェリペ・マッサ ウイリアムズ メルセデス +1 lap

「僕は本当に良いスタートを決め、そしてレースもうまく行った。1コーナーでのインシデントも回避し、2台をオーバーテイクすることができたんだ。僕らのペースは良かったし、後続とのギャップを広げようとしていた」

「しかし、バーチャルセーフティカーは僕にとっては非常に不運だった。なぜなら、9秒も後ろだったはずの(カルロス)サインツが、僕の前に出てしまったんだからね。それで多くの時間とポイントを失ったよ。最終的にはフェルナンド(アロンソ)が僕のイン側に飛び込んできて、そして僕のクルマに当たった。この影響で、タイヤがパンクしてしまったんだ。これによって、あらゆる可能性が壊されてしまった。今日のレースで僕は、5位か6位でフィニッシュしなければならなかった。僕は7位で、フォースインディアとの差を縮めることができたけど、本来ならもっと縮めることができたはずだ。次のメキシコに目を向けることにするよ」

8  セルジオ・ペレス フォースインディア メルセデス +1 lap

「8位というのは、1周目に被害を受けた後では、良いリカバリーだったと思う。クビアトは、1周目のターン11のブレーキングで、僕のリヤに激しくぶつかってきたんだ。彼はミスを犯し、コントロールを失っていた。突然、僕は最後尾に落ちてしまい、クルマに酷いダメージを負った。リカバリーするのは難しかったよ。でも、僕らは着実に前進し、最終的にはポイント圏内に戻ることができた」

「僕らは、悪い結果を得るわけにはいかなかった。僕らのピットストップの戦略は、すべて正しかった。それはクルマのダメージを補ったんだ。なぜなら、2回のピットストップの両方で、僕らはポジションを上げることができたんだからね。4ポイントを獲得して、ドライバーズランキングで7位に上がることができたのは、この状況を考えれば良い結果だったと思う」

「困難なレース、特に多くのマシンがリタイアするような消耗戦では、獲ることができる最大のポイントを獲らなきゃいけない。これは、とても重要なことだ。しかし僕らは今日、本来ならば5位で終われたはずで、それは非常に後悔が残っている」

9  ジェンソン・バトン マクラーレン ホンダ +1 lap

「もどかしい結果に終わった昨日(予選)の後、ポイントを獲得できるなんてとても満足している。スタートはかなり混乱していた。たくさんのことがあったんだ。19番手からスタートするということは、通常ならレースは非常に困難なものになる。しかし、僕は最初の数周がとてもうまく行ったので、とても楽しむことができた」

「僕は多くのポジションを上げ、トップ10圏内に入ることができた。そしてその後、2回目のピットストップで少し失敗をして、チェコ(ペレス)にポジションを奪われてしまったんだ。しかし、いずれ彼は僕を抜いて行ったと思う」

「レース後半は、エキサイティングではなかった。タイヤを労わり、後ろとのギャップを判断し、そしてチェコを捉えるためにレースの最後までタイヤを温存しようとしていた。しかし、最終的には3秒足りなかった」

「9位でフィニッシュできたのだから、それほど悪くない。それに、2台揃ってポイントを獲得できたんだから、それはチームにとっては素晴らしいことだよ。フェルナンドは5位を獲るために素晴らしい仕事をした。彼は今日、とても速かった。そして、(バーチャル)セーフティカーは彼の大きな助けになった。いつかまた、同じように幸運が訪れたらいいね。僕は幾つかの強力なオーバーテイクをした。そのうちのいくつかは素晴らしく、そしてクリーンなバトルだった」

「今シーズンの残りのレースについては、土曜日に行う仕事が重要になるだろう。誤った選択をすることなく、予選でトップ10に近づく。これは、誰かともっと戦うことができるということを意味している。願わくば、次のメキシコシティでのレースも良いモノになるといいね。今から待ちきれないよ。そして、良い結果を得ることを期待している」

10  ロマン・グロージャン ハース フェラーリ +1 lap
「今日はそれほど悪くはなかった。1周目は非常に厄介だったけど、全てをやり過ごすことができた。その後、積極的な戦略で走った。それがうまくいって、僕は満足している。僕らの前のマシンが何台もリタイアしたのは幸運だったけど、最終的に僕らはしっかりとフィニッシュする必要があった」

「チームの地元の観客の前でポイントを獲得できたのは、とても素晴らしいことだ。僕はみんなと同様、とても満足しているんだ。ポイントを獲得できたのは、随分と久しぶりのことだ。シーズン終盤にポイントを獲れるなんて、素晴らしいことだよね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サブイベント 日曜日 post-race
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Carlos Sainz Jr. , Daniel Ricciardo , Felipe Massa , Fernando Alonso , Jenson Button , Lewis Hamilton , Nico Rosberg , Romain Grosjean , Sebastian Vettel , Sergio Perez
チーム Ferrari , Force India , McLaren , Mercedes , Red Bull Racing , Williams
記事タイプ レースレポート