F1オフィシャル金貨が発売。1kgコインは1枚400万円以上也!?

イギリスGPの際、F1の公式金貨が展示されていた。最大のモノは1枚1kgで、価格は400万円以上だと言う。

 先週行われたイギリスGPの際、F1の公式金貨が展示されていた。この金貨は、貴金属ディーラーのロズランド・キャピタルが、バーニー・エクレストンとの合意の下で販売を開始したもので、F1ブランドの金貨(3種類)と銀貨(1種類)が用意されている。

 今回展示された中でもっとも目を引いたのは、1kgの純金で作られた金貨。これは全部で15枚作られ、そのうち1枚がイギリスGPの際に展示された。価格は40,000ドル(400万円)以上だという。

 もっとも小さいコインは、イギリスGP特別仕様として用意された1/4オンス(約7g)金貨で、1000ドル(10万円)以下の価格が付けられるという。この特別版の金貨は、イタリア、アメリカ、ブラジルなどのグランプリ仕様として作られる予定で、2017年にはさらにその数が増えると言う。なお、それぞれの限定生産数は5000枚だと言う。

 この他、2.5オンス(約70g)の金貨と銀貨も用意されている。

 ロズランド・キャピタルのCEOであるマリン・アレクソフは言う。

「我々は、3週間前にアメリカでこれらの販売を開始しました。すると、素晴らしい反応がありました。彼らは、F1でのシェアを買っているように感じているようです」

「それまでにレースを見たことのなかった多くの方々が、我々に電話をかけ、語ってくれました。このコンセプトが好きだと。そして、いつレースが行われているのか知りたいと言うのです。この商品は、良い話題になっていると思います」

 1kgのコインは非常に高価にもかかわらず、最初の1週間で4枚が販売され、残りもすぐに売り切れることが予想されている。金の価格は、イギリスがEUを離脱することを決めたことにより、ここ数週間で高騰している。そしてポンドに対しても、金はこの数年間上がり続けている。

 アレクソフは次のように付け加えた。

「確かに、イギリスがEUを脱退することを発表して以来、金の値段は4〜5%上がっていますね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース