F1カナダGP FP3:マグヌッセンのクラッシュで赤旗終了。ベッテルがトップタイム

カナダGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 セッション中の降雨が予想されていることもあり、各車がセッション序盤から精力的に周回を重ねる。

 多くのマシンがウルトラソフトを試す中、レッドブルの2台はスーパーソフトを履いてコースイン。序盤のトップ2を占める。しかし、このスーパーソフトタイヤは、彼らにとっては最後の1セット。予選はもちろん、決勝でもこのスーパーソフトを使う意志がないというのがよく分かった。

 フェラーリの2台はソフトタイヤを履いてキミ・ライコネン7周、セバスチャン・ベッテル9周の連続走行をこなした後、ウルトラソフトに移行。ベッテルはすぐに最速タイムを1分14秒068に更新し、ピットに戻る。初日苦労していたライコネンは、ベッテルの0.27秒差に詰めており、マシンのバランスが多少改善方向にあることが伺える。

 メルセデスの2台は、1周だけソフトタイヤの新品タイヤを履いていわゆる”皮むき”を行い、その後ウルトラソフトに履き替えてルイス・ハミルトン3番手、ニコ・ロズベルグ5番手のタイムを叩き出す。

 その後方も混戦模様。トロロッソ、マクラーレン、フォースインディア、ウイリアムズらが、犇いている。トップのベッテルから13番手のジェンソン・バトンまでが、1秒以内の差である。ただ、ほとんどのマシンがウルトラソフトでのタイムの中、マクラーレンの2台のみがスーパーソフトでのタイムである。

 セッションが半分を過ぎた頃から、予想されていた雨が降り始める。しかし、そんな状況の下でも、ベッテルが最速タイムを上回り、1分13秒919に更新している。マックス・フェルスタッペンやロズベルグも自身の持ちタイムを更新している。

 残り20分というところで雨が強まったのか? 各車がピットに戻る。その後、雨は小康状態となり、再び各車がコースに戻るが、残り13分というところでルノーのケビン・マグヌッセンがターン7左側のウォールにクラッシュしてしまう。その衝撃は、メディカルライトが点いてしまうほど強いものだったが、この時マグヌッセンはピットアウトしたばかりの周回であり、全くプッシュしていない。実に不可解な事故だった。

 このマグヌッセンのクラッシュでセッションは赤旗中断となり、そのまま再開されることはなく。ベッテルがトップタイムで予選を迎えることになった。なお、予報ではこの後雨が強まり、予選の時間帯も雨だと言われている。

F1カナダGP フリー走行3回目結果

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 GermanySebastian Vettel  ItalyFerrari 1:13.919   21
2 NetherlandsMax Verstappen  AustriaRed Bull Racing 1:14.158 +0.239 19
3 GermanyNico Rosberg  GermanyMercedes 1:14.316 +0.397 22
4 FinlandKimi Raikkonen  ItalyFerrari 1:14.332 +0.413 21
5 United KingdomLewis Hamilton  GermanyMercedes 1:14.334 +0.415 19
6 AustraliaDaniel Ricciardo  AustriaRed Bull Racing 1:14.487 +0.568 22
7 SpainCarlos Sainz Jr.  ItalyToro Rosso 1:14.655 +0.736 21
8 SpainFernando Alonso  United KingdomMcLaren 1:14.801 +0.882 19
9 MexicoSergio Perez  IndiaForce India 1:14.886 +0.967 21
10 BrazilFelipe Massa  United KingdomWilliams 1:14.890 +0.971 18
11 GermanyNico Hulkenberg  IndiaForce India 1:14.918 +0.999 20
12 FinlandValtteri Bottas  United KingdomWilliams 1:14.985 +1.066 20
13 United KingdomJenson Button  United KingdomMcLaren 1:15.023 +1.104 17
14 RussiaDaniil Kvyat  ItalyToro Rosso 1:15.199 +1.280 20
15 MexicoEsteban Gutierrez  United StatesHaas F1 Team 1:15.444 +1.525 16
16 United KingdomJolyon Palmer  FranceRenault F1 Team 1:15.656 +1.737 19
17 FranceRomain Grosjean  United StatesHaas F1 Team 1:15.704 +1.785 14
18 SwedenMarcus Ericsson  SwitzerlandSauber 1:16.078 +2.159 24
19 DenmarkKevin Magnussen  FranceRenault F1 Team 1:16.085 +2.166 17
20 BrazilFelipe Nasr  SwitzerlandSauber 1:16.326 +2.407 24
21 GermanyPascal Wehrlein  United KingdomManor Racing 1:16.622 +2.703 18
22 IndonesiaRio Haryanto  United KingdomManor Racing 1:16.901 +2.982 15

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サブイベント 土曜日 practice
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー Kevin Magnussen , Sebastian Vettel
記事タイプ 予選レポート