F1チーム、ルールの”シンプル・明確化”を議論

F1チームは、過剰な規制はファンにとっても良くないことであるとして、ルールの簡素化を議論しようとしている。

 F1チームは、過剰な規制が課せられている現在のF1レギュレーションについて、ファンのためには良くないとして、簡素化するアイデアを、F1チームが議論しようとしている。

 この問題は、ジュネーブで行われているF1ストラテジーグループの会合で木曜日に議題として挙げられる。

 シルバーストンでは、ニコ・ロズベルグに対する無線通信内容の違反が問われ、ファンは最終結果を知るまでに数時間待たねばならなかった。ハンガリーGPの予選では、イエローフラッグと107%ルールの適用についての問題が発生した。

 メルセデスはすでに、イギリスGPで起きた無線問題をきっかけに、この問題について議論する必要があることをプレスリリースによって訴えている。また、他のチームも物事を変更する必要があることを示唆している。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、「我々は、常識的なルールが必要だと思う。しかし、おそらく今のF1にはそれは存在していない」と語っている。

「これはハンガリーで起きたジェンソン・バトンの無線にまつわる状況のようなものだ。私は、彼が何を言ったのか、それとも指示されたのか、それを見ていないんだ。しかし、我々は過剰に規制されすぎている。そして、ファンにとってはあまりにも複雑になってしまっている」

「私は、それをシンプルに保つ必要があると思う。カジュアルな視聴者が観ても、何が起こっているのかを理解できるように過剰な規制を撤廃すべきだ」

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネもこの件について語る。

「私の意見だが、我々はルールにおける明確ではない部分を一掃する必要がある」

「もしルールに不明確な部分があれば、我々がどこに向かっているのかを知ることはできない」

 アリバベーネは付け加えた。

「我々の社長は、1年前にその話題を取り上げた。彼は明確に、我々には多くの複雑な問題があることを明確に述べた。明確で、そしてシンプルなルールは、我々のスポーツの手助けになるだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース