F1ハンガリーGP予選:ロズベルグ、執念の最終アタックで乱戦の予選を制す

F1ハンガリーGPの予選が行われ、メルセデスのニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得した。

なんと赤旗中断4回。大混乱の予選Q1

 ハンガリーGPの予選は大雨に見舞われた。セッション開始は現地時間の14時の予定だったが、非常に激しい降雨があり、路面の水量が非常に多かったため、開始時間が20分遅らされた。

 14時20分に予選Q1がスタート。雨は小降りにはなったものの、コース上の水の量は非常に多く、全車フルウエットタイヤを装着してコースインしていく。しかし、また数分後に激しい降雨があるとの予報があり、各ドライバーとも早々にタイムを計測したいところだ。

 フォースインディアの2台が1-2、3番手にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がつけるという状況の中、予報された雨が襲来。前も見えないほどの非常に強い雨であり、セッション残り13分8秒というところで赤旗が掲示され、セッションが中断されてしまう。

 ようやく雨が収まった現地時間の14時40分からセッション再開。早々にレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録し、これをダニエル・リカルドが上回る。そしてその直後、ザウバーのマーカス・エリクソンが濡れた路面に足をすくわれてスピン! そのままコース脇のウォールにクラッシュしてしまう。これでセッションは9分を残して再び赤旗中断。非常に荒れた展開の予選となった。

 14時55分からセッションが再開。多くのマシンがウエットタイヤを履くが、レッドブルの2台、ベッテル、ウイリアムズの2台などは路面は好転したと判断し、インターミディエイトを履いてコースインする。しかし、今度はそのインターミディエイトを履いたウイリアムズのフェリペ・マッサがクラッシュ。3回目の赤旗中断となる。

 現地時間の15時7分からセッション再開。残り時間は5分20秒である。今度は殆どのマシンがインターミディエイトを装着してコースインし、まずアロンソがトップタイムを記録。その後ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのメルセデス2台がこれを更新。フェラーリのセバスチャン・ベッテルが4番手になったところで、今度はリオ・ハリャントがクラッシュ。なんと4度目の赤旗中断となってしまう。ただ、残り時間は1分18秒であり、これでQ1は終了となる。

急速に改善するコンディション。ライコネン、タイミングが合わずQ2脱落

 現地時間の15時19分から予選Q2がスタート。全車がインターミディエイトタイヤを履いてコースインするが、上空には青空が広がり、日も差している。そのため、ライン上は急速に乾いていく。

 メルセデスの2台がまずは1-2体制を築くが、これを0.3秒上回ってリカルドがトップに浮上。タイムは1分32秒フラットであり、徐々にドライタイヤのタイムに近づく。そしてハミルトンが1分31秒571でトップを奪う。

 しかし、残り7分というところで、ウイリアムズのバルテリ・ボッタスがスーパーソフトタイヤを履いてコースイン。リカルド、アロンソ、ベッテルらも、これに倣った。

 やはりコンディションはドライ向きで、ボッタスがあっさりと首位に浮上。アロンソ、セルジオ・ペレス(フォースインディア)、そしてベッテルらが次々とトップタイムを更新していく。

 残り2分というところで、アロンソが1分26秒047でトップタイム。2番手にハミルトン、3番手にフェルスタッペンである。ただ、路面はさらに改善。ラスト1周の勝負となりそうだ。

 キミ・ライコネン(フェラーリ)、カルロス・サインツJr.(トロロッソ)、ベッテル、アロンソと目まぐるしくトップが入れ替わっていく。そして最終的にはフェルスタッペンがトップタイムでQ2終了。以下、ロズベルグ、リカルド、アロンソと続いた。ハミルトンは10番手でギリギリQ2突破。マクラーレン・ホンダは初めて2台揃ってのQ3進出となった。

 11番手のグロージャンは、ハミルトンからわずか0.1秒遅れ。また、ライコネンは走行タイミングが悪く、14番手でQ2脱落を喫してしまった。

執念のロズベルグ。最後まで諦めずPP獲得

 約1時間遅れで始まった予選Q3。ベッテルとボッタス以外の全車が、セッション開始とほぼ同時にコースイン。当然、装着するタイヤはスーパーソフトだ。

 最初にトップタイムを記録したのはロズベルグだが、すぐにハミルトンがこれを上回る。後方からはリカルドがセクター2最速で飛んでくる。しかし、セクター1と3で及ばず、0.6秒遅れの3番手まで。フェルスタッペンは4番手だ。コースインのタイミングを遅らせたベッテルは、トラフィックを避けることに成功したものの、レッドブルにも及ばない。

 残り2分前後というところで、一度ピットに戻っていた各車がコースイン。最後の1周に勝負をかける。フェルスタッペンはコースインのタイミングが遅く、最後のアタックに入ることができなかった。

 ただ、セクター2でアロンソがスピン。後方を走っていたマシンの多くは、イエローフラッグを見てアタックを諦めてしまう。しかし、ロズベルグは諦めなかった。イエローフラッグ区間では一瞬スピードを緩めたものの、改善していく路面状況も味方し、ハミルトンを0.143秒上回るトップタイムを記録。ポールポジションを獲得することになった。以下ハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ベッテル、サインツJr.と続き、マクラーレンはアロンソ7位、バトン8位と好位置をキープした。

 前戦イギリスGPの結果、ランキングで1ポイント差まで迫られてしまったロズベルグ。しかし執念のアタックで、ポールポジションをもぎ取って見せた。ハミルトンに傾いた流れを、再び引き戻すことができるのか? 明日の決勝レースは目が離せない。

 スタートは日本時間の21時の予定だ。

F1ハンガリーGP予選結果

ClaDriverChassisEngineTimeGap
1  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 1'19.965  
2  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 1'20.108 0.143
3  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 1'20.280 0.315
4  Max Verstappen  Red Bull TAG 1'20.557 0.592
5  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 1'20.874 0.909
6  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 1'21.131 1.166
7  Fernando Alonso  McLaren Honda 1'21.211 1.246
8  Jenson Button  McLaren Honda 1'21.597 1.632
9  Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 1'21.823 1.858
10  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 1'22.182 2.217
11  Romain Grosjean  Haas Ferrari 1'24.941 4.976
12  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 1'25.301 5.336
13  Sergio Perez  Force India Mercedes 1'25.416 5.451
14  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 1'25.435 5.470
15  Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 1'26.189 6.224
16  Felipe Nasr  Sauber Ferrari 1'27.063 7.098
17  Jolyon Palmer  Renault Renault 1'43.965 24.000
18  Felipe Massa  Williams Mercedes 1'43.999 24.034
19  Kevin Magnussen  Renault Renault 1'44.543 24.578
20  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 1'46.984 27.019
21  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 1'47.343 27.378
22  Rio Haryanto  Manor Mercedes 1'50.189 30.224

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サブイベント 土曜日 qualifying
サーキット ハンガロリンク
ドライバー Nico Rosberg
記事タイプ 予選レポート