【F1ブラジルGP】タイトル争い正念場のハミルトン。「どんな天気でも準備はできている」

ポールポジションを獲得したハミルトンは、決勝レースに向けてどんな天気でも準備ができていると語った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、ブラジルGPの予選でF1での自身60回目のポールポジションを獲得。Q1、Q2もトップで通過しており、週末を通してチームメイトのニコ・ロズベルグより速さを見せている。

 しかしながらロズベルグは、予選の最終盤にハミルトンのポールを脅かし、ハミルトンから0.1秒差の2番手で予選を終えた。

 ハミルトンは1日を通して快適に感じており、チームメイトを上回ったと主張した。

「週末を通してそうだったように、予選でもすごく快適に感じていた」とハミルトンは語った。

「ニコは徐々に速くなってきたけど、だいたい僕が上回っていた」

「ここでは2回目のポールポジションだ。僕がいつも苦しんでいたトラックだったから、ポールポジションを獲れて嬉しい」

 ロズベルグは、2レースを残してハミルトンに対して19ポイントリードしており、今回のレースで優勝すれば自力でタイトルを決めることができるが、レースでは雨が予想されている。

 ハミルトンは、すべてのコンディションに対して準備ができていると語った。

「気にしていない。何が起きても対処する準備ができていると感じている」とハミルトンは語った。

「天気がどんなものであれ、僕が持っているすべてで臨む」

 一方ロズベルグは、ドライよりも雨のレースの方が彼のチャンピオンシップに悪影響があるとは考えていないと語った。

「何を失うのかという点では、何も考えていない」と彼は語った。

「明日のレースを楽しみにしている。僕らはドライでもウエットでも素晴らしいマシンを持っているから、エキサイティングになるだろう」

【関連ニュース】

【F1ブラジルGP】FP3:ドライとウエットの混在したコンディションでロズベルグがトップタイム

F1ブラジルGP予選:小雨のサンパウロ、勝負のセクター3。ハミルトンがポール獲得

【F1】メルセデス、ピットレーンの”段差”を避けるためピットボックス位置を変更

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース