【F1ブラジルGP】予選3番手獲得のライコネン、予選ラップは”普通だった”

ライコネンは、ブラジルGP予選で3番手を獲得したラップを普通だったと評した。

 フェラーリのキミ・ライコネンは、ブラジルGP予選最後のアタックでメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグに次ぐ、3番グリッドを獲得した。

 ライコネンは予選の間タイヤの暖めに苦労したと認め、最後のアタックは完璧にはほど遠かったと語った。

「僕は予選の間中、いくつかの場所といくつかのコーナーで苦労した」とライコネンは語った。

「正直に言って、最後のラップは僕から見てすごく普通だった。けど、3番手には十分だった」

 ライコネンはポールポジションのハミルトンから0.668秒遅れであり、メルセデスからかなり離されている。彼はメルセデスには手が届かないところにいるようだと認めた。

「メルセデスは少し遠すぎるように見える」と彼は語った。

「願わくば明日、僕らが力強いレースをできるといい」

 ライコネンが予選でチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回った結果、これまでの20戦で10勝10敗と、予選でのチームメイトとの勝敗がイーブンになった。

「すごく接近している」とライコネンはベッテルとのバトルについて語った。

「今年のほとんどで非常に接近していると思うし、いくつかのレースで少し遅れたり、前に出たりしていたと思う。けど僕らはチームとしてすごく良い仕事しているし、いくつかのエリアでは改善している」

「僕らはいくつかポジティブなことを学び、チームとして非常によく機能しているおかげで、今年の初めにいた位置に戻ってこられた」

【関連ニュース】

F1ブラジルGP予選:小雨のサンパウロ、勝負のセクター3。ハミルトンがポール獲得

【F1】フェラーリ「FIAはベッテルのペナルティを再調査してない」

【F1】FIA、ベッテルのペナルティ再考の要求を却下

【F1】フェラーリ、ベッテルのメキシコでのペナルティ見直しを要求

メキシコGP:ベッテル、危険運転でレース結果タイムに10秒加算のペナルティ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Kimi Raikkonen
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース