F1中国GP決勝分析:上位進出の鍵は”ミディアムを使わないこと”

ロズベルグが圧勝した決勝。事故がなければベッテル、ライコネン、そしてハミルトンとの四つ巴になっていた? ミディアムタイヤを多用したマクラーレン。そのデグラデーションが気になる!?

 先日行われたF1第3戦中国GP。終わってみれば、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが圧勝。今季開幕して以来3連勝という結果となった。

 すべての勝敗は、1周目1コーナーで決まった。セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのフェラーリ2台、そしてチームメイトのルイス・ハミルトンがアクシデントに遭い、後退するとともに手負いの状態となったためだ。

 ダメージを負ったとはいえ、今季のフェラーリとメルセデスAMGのマシンは、他のライバルから頭ひとつ抜け出た存在。ゆえに、ロズベルグといえども油断しては追いつかれてしまう。

 そこでロズベルグは、警戒すべき3人のライバルが遅いマシンに引っかかっている間に目一杯飛ばし、安全な位置まで逃げた。これが第1〜第2スティントである。第1スティントでは後続より1周あたり1秒、第2スティントでは2秒近く速いペースであっという間に差を広げ、最後は長持ちするミディアム(M)タイヤを履いてチェッカーまで走り切ればいい……そういうレースを展開した。

Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 and Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 Team W07 lead at the start of the race
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 and Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 Team W07 lead at the start of the race

Photo by: XPB Images 

ベッテルはロズベルグと同等のペースで走れたはず

 では、ベッテル、ライコネン、ロズベルグの3人が事故に遭わなかったらどうなっていたのだろうか? 結論から言えば、ロズベルグはそう簡単には勝てなかったはずだ。ベッテルが2度目のタイヤ交換を行いソフト(S)タイヤを履いた1周目のタイムは、1分40秒884である。ロズベルグはその3周後にピットインしてSを履いているが、その時のタイムは1分40秒631。つまり両者は、Sではほぼ同じようなペースで走ることができたということ。ベッテルはこの直後にクビアトに追いついてしまい、思うようにペースを上げることができなかった。しかし、ベッテルが事故に遭わず、ロズベルグと丁々発止のレースを繰り広げていたならば、非常に見応えのあるシーンだったかもしれない。

 ライコネンとハミルトンに関しては、レースにおけるロズベルグとの比較要素がないのでなんとも言及しにくいが、フリー走行2回目のロングランを見る限り、両者ともベッテルと同等かそれ以上のペースを持っていたはず。特にライコネンに関しては、ペース、タイヤの持ちともにベッテルを上回っていたし、唯一と言っていいほどSSを使いこなしていたドライバー。無事だったならば、やはりロズベルグを苦しめるのに十分な存在となっていたことだろう。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H with a broken front wing
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H with a broken front wing

Photo by: XPB Images

”コンサバな”ミディアムタイヤを使わない

 一方、今回のレースは、”できるだけMを使わないこと”が重要だったように思える。ロズベルグの場合は、「もし何かあってもタイヤを交換して首位のままコースに戻れる」だけの差を築いてからMを履いたので問題ないが、例えばライコネンの例を見ると、Mは避けたかったように感じられる。

 ライコネンは第3スティントでMを履いたが、ペースが上がらず、前を行くベッテルを追いかけるどころか、ペース差が大きいはずの他のライバルを抜くのに苦労していた。本来ならばライコネンは、スーパーソフト(SS)-S-Sという2ストップ作戦を取りたかったはず(ベッテルは実質的にはこのSS-S-Sという戦略だ)だが、1周目のアクシデントによるピットインで、まだ新しいSSタイヤを捨ててしまうことになってしまったためタイヤが1セット足りず、結果Mを途中で使ったのだろう。もしベッテルと同じように、Q3を1アタックのみに限定し、新品タイヤを決勝に温存することができていれば、事故に遭っていたとしても、レッドブルの2台を追い詰めることができたかもしれない。

意外と大きい、マクラーレンのデグラデーション

 これと同じことは、マクラーレンにも言える。マクラーレンはジェンソン・バトンにSS、フェルナンド・アロンソのSを履かせてレースをスタート。バトンはセーフティカーの際に早々にピットに入り、SSを捨ててM-Mと繋いでレースを走りきった。アロンソはセーフティカー時には行動を起こさず、通常ピットインM-Mとつなぎ走行。結果、バトン12位、アロンソ13位と、期待されたダブル入賞を果たすことができなかった。

 ドライバーはレース後のコメントで、ポイントを逃したことを「戦略に失敗したからだと思いたい」と発言していたが、これを見る限り、戦略の失敗と言うことができそうだ。Mを履いたふたりのペースは上がらず、一時揃って入賞圏内を走ったものの、次第に順位を下げ、ポイント圏外に落ちてしまった。今回直近のライバルであったトロロッソやフォースインディアもMを使ったが、いずれも1スティントのみ。それ以外のスティントではSSやSを使ってペースアップしている。この機会がマクラーレンにはなかったのは痛かった。バトンは最後の最後で、SSを履いて飛ばしたが、時すでに遅し……10位は遠かった。 

Jenson Button, McLaren MP4-31
Jenson Button, McLaren MP4-31

Photo by: XPB Images

 マクラーレンがこのような戦略を採った理由は、おそらくデグラデーションが大きいということ。フリー走行2回目では、バトンもアロンソも、全出走車中最大レベルのデグラデーション傾向を示していた。これを恐れたために、Mをメインに戦略を展開させたと思われる。今季のマクラーレンは、確かに戦闘力は格段に上がった。しかし、タイヤには厳しい傾向にありそうで、これが最大の足かせとなってくるかもしれない。

レッドブルのペース安定性は秀逸

 この他、特筆しておきべきはやはりレッドブルである。レッドブルはペースこそメルセデスAMGやフェラーリよりは劣るものの、タイヤへの優しさは群を抜いており、デグラデーションが極端に小さい。これは、特にダニエル・リカルドにその傾向があるように思える。上位がトラブルなどで後退した場合には、十分表彰台の一角を占めるだけの力はありそうだ。

 一方、姉妹チームのトロロッソは、速さ自体はレッドブルと同等かそれ以上であるものの、デグラデーションはレッドブルとは比べものにならないほど大きいようだ。

 これで3戦が終了。結果的にはロズベルグが3連勝を決めているが、これは幸運によるところが大きい。ひとつ流れが変われば、ハミルトンやフェラーリが巻き返してくることは、十分の予想できる範囲内である。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Daniil Kvyat , Fernando Alonso , Jenson Button , Kimi Raikkonen , Nico Rosberg , Sebastian Vettel
記事タイプ 分析