FIAが2017年以降のエンジン・レギュレーションを確定。WMSCが承認

FIAは、2017からの新しいエンジン規則が世界モータースポーツ評議会(WNSC)に承認されたことを確認しました。

 コスト削減と性能の均一化を目的とした見直しが、F1グランプリにパワーユニットを提供する自動車メーカー4社の間で数ヶ月にわたって議論され、その結果いくつかの変更が決定した。

 4月29日の午前中にF1委員会の電子投票によって決定したもので、FIAから正式な声明が発表になった。この変更はバーニー・エクレストンも支持している。FIAの声明によると、ルール変更は2018年以降ひとりのドライバーが使用出来るエンジン数が3基に減ることが明記されている。

新ルール

コスト

 向こう数年の間に、カスタマーチームへ提供するパワーユニットの価格を大幅に下げることと同時に、パワーユニットの製造業者(自動車メーカー)にもコスト低下を求めることが合意された。

・2017年には、カスタマーチームへ提供されるパワーユニットの価格を2016年に比べて100万ユーロ削減すること。

・2018年以降は提供される価格をさらに300万ユーロ削減。

・パワーユニットのコスト削減は、2017年及び2018年のスポーティング&テクニカル・レギュレーションの変更によって効力を持ち、1シーズンにひとりのドライバーが使用出来るエンジン数を段階的に減らしていく。

供給

 カスタマーチームへのパワーユニット提供は保証されなければならない。「提供の保証」がホモロゲーションの条件であり、これによってチームにパワーユニットが提供されない事態は避けられる。

性能の均一化

 新しい合意には性能を均一化させるための手段が含まれている。

・2017年にはトークン・システムは廃止される。

・加えて、パワーユニットの重量、サイズ、素材、ブースト圧が2017年及び2018年に制定される。

排気音

 パワーユニット製造者(自動車メーカー)は現行パワーユニットの排気音に関して、遅くとも2018年には何らかの成果を出すようにリサーチ・プログラムを推進している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース