FIAのホワイティング、フェルスタッペンと話し合いを持つ

チャーリー・ホワイティングは、イタリアGP前にF1チームに対し、スパでのフェルスタッペンの行動は白黒旗が出される可能性があったと認めた。

 木曜日の夜に行われたチームマネージャーミーティングにおいて、マックス・フェルスタッペンの行動についての議論がなされたことを、motorsport.comは掴んだ。F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、レースを検証した結果、ケメルストレートでのフェルスタッペンのキミ・ライコネンに対するブロックは、白黒の警告旗を掲出することをスチュワードに示唆する可能性があったことを認めた。

 白黒旗は、危険な走行を行うドライバーに対しての警告を表すものであり、提示されるとペナルティ寸前であることを意味する。

 FIAのレギュレーションには、以下のように説明されている。

「この旗は一度だけ表示され、該当するドライバーが『スポーツ精神に反する行為をした旨の報告が行われた』ことを認識するための警告とされる」

 この木曜日夜の会議がきっかけとなり、フェルスタッペンとレッドブルのチームマネージャーであるジョナサン・ウィートリーは、金曜朝にホワイティングに会った。そして、将来的には許されない範囲が、明確にされたようだ。

 スパでは、ドライバーたちがレースをすることができるよう、寛大な判断がなされる傾向に会った。それは、サッカーの審判のようで会ったと言えよう。しかし、いくつかの決定については論争が巻き起こる結果となった。

 今週末のイタリアGPのスチュワードは、ル・マン24時間レース9勝という大記録を持つ、トム・クリステンセンが務める。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース