FIA、ブレーキング時の進路変更について、スタンスを明確化

F1ドライバーたちはブレーキング時の進路変更の基準について議論。その結論が出された。

 アメリカGPの金曜日に行われたドライバーズブリーフィングで、日本GPでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がルイス・ハミルトン(メルセデス)からポジションを守った際の動きについて、激しい議論が行われた。その結果、FIAのF1レースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、この件についての取り締まりを強化することを宣言していた。

 アメリカGP予選前に各チームに送られた書簡で、ホワイティングはブレーキング時の進路変更はレギュレーションに違反していると、明確に判断した。

 書簡には、次のように書かれている。

「スポーティングレギュレーションの27.5条には、『他のドライバーに対して、危険な可能性のあるドライブをしてはならない』と述べられている。さらに27.8条では、『他のドライバーを妨げるような異常な進路変更』をするドライブを禁止している」

「これを考慮すれば、27.6条で許可されている動きを除き、他のドライバーが回避行動を行わなければならないブレーキング時の進路変更は、異常であり他のドライバーを危険にさらす可能性がある。このような動きは、スチュワードに報告されることになる」

 違反が確認された場合、スチュワードは彼らに対してペナルティを課す権利を持っている。その度合いによりタイムペナルティ、悪質な場合は完全に失格とすることもできるだろう。

【関連ニュース】

フェルスタッペン動きが、ブレーキング時の挙動の明確化を促進

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース