FIA、レッドブルリンクの縁石を変更せず。サストラブルの原因は周波数

FIAは、レッドブルリンクの縁石について、変更を予定していないことを明らかにした。

 土曜日に多くのマシンのサスペンショントラブルをもたらした、コース脇の縁石。メルセデスの技術チーフであるパディ・ロウとGPDAのアレクサンダー・ブルツ、そしてトロロッソのダニール・クビアトは、縁石の見直しの提案した。そして彼らは、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングのコース検査に同行した。

 ホワイティングは正式に、この縁石は他のコースでも多く使われているものであり、その論理的根拠と安全性について説明した。そして、すべての縁石を変更する必要がないと明らかにした。

 この特別なコースでは、ドライバーは通常よりも多く縁石を使用することができる。そして、その際に多くのマシンに問題が起きたと考えられている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、「この奇妙な出来事は最初、負荷によってサスペンションが傷つけられたように見えた」と説明した。

「しかしデータを分析した結果、サスペンションには大きな負荷がかかっていなかった。その問題は周波数が原因で、それがタイヤに振動を与え、さらにはサスペンションを壊すことになった。それがなぜ起きるのか、我々には分からない」

「その引き金となったのは、新しくなった赤い縁石のように見える」

 FIAは懸念を持つチームに対し、ドライバーにあまり縁石を使用させないよう、確認する必要があるとしている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Daniil Kvyat , Nico Rosberg , Sergio Perez
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース