FIA 予選方式を即時2015年フォーマットに戻すことを確認

FIAは直ちにF1の予選システムを2015年フォーマットに戻すことを確認した。この予選システムは、次の中国GPから適用されることになる。

 FIAが妥協案として提示していた、ドライバーのベスト2ラップのタイムを合算するシステムについては、チームは満場一致で反対の姿勢を取った。チーム側はこの対案として、現在行われている脱落式の予選システムを放棄し昨年までの形に戻すよう、FIA会長のジャン・トッド、バーニー・エクレストン、そしてCVCに書面で要求していた。

 このような解決策は当初不可能だと思われていたが、チーム側の意見が全会一致となってことで、最終的にトッドとエクレストンが折れる形となったわけだ。

 この変更について承認を受けるための発議が、F1委員会に出されることになります。

 FIAの声明を要約すると、「本日書面により、全チーム合意の要求が、ジャン・トッド、バーニー・エクレストンに対して提出され、2015年の予選フォーマットに戻すことがチャンピオンシップの利益のために受け入れられ、F1委員会そして世界モータースポーツ評議会に提案された」

「この提案が承認された場合、中国GPから有効となり、今シーズンの残り全戦に適用される」ということになる。

 また、声明は次のようにも付け加えている。

「ジャン・トッドとバーニー・エクレストンは、2017年シーズンのためにチーム側が提出した、新しい週末のスケジュール案について、歓迎した」

「チームは新たなアイデアを、シーズン後半に試してもいいと申し出た。チャンピオンシップが早々に決着するならば、抜本的な予選フォーマットを実験的に導入することができる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース