アリバベーネ、今年のフェラーリは”不運”ランキングの首位

フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、今季のフェラーリ不調の原因は”信頼性”と”運”のせいだと考えている。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、共に信頼性の問題を抱えている。その結果、ベッテルはすでに、ポイントランキング首位のニコ・ロズベルグから70ポイントも引き離されてしまっている。

 ベッテルはこの2戦、立て続けにギヤボックスのトラブルに見舞われている。オーストリアではそこから挽回し、首位に立っていたものの、今度はタイヤがバーストしてリタイアとなった。

 アリバベーネは、フェラーリの運が変わるのは、時間の問題だと考えている。

「シーズンのこの段階で諦めたと言うのは、絶対に正しくない」とアリバベーネ。

「我々は集中する必要がある。トラブル、不運、そしてその他の全ての悪い面で、ランキングは最悪の状況なんだ」

「これらの状況が落ち着いてくることを願っている。そして、より良いポジションを得るための行動を始めたい。しかし、諦めたなんて気持ちは少しもない」

 ここ数戦、フェラーリはレッドブルに敗れているものの、ターゲットは変わらずメルセデスであると、改めて表明している。

「レッドブルのパフォーマンスが良くなってきたということは、F1にとっては良いことだ。競争としても、ショーとしてもね」と彼は言う。

「それでも、私はターゲットはメルセデスだと考えている。レッドブルではない」

 アリバベーネは、フェラーリがイギリスGPで苦しんだのには明確な理由があると述べている。

「それは簡単だ。ここは空力性能が要求されるサーキットだからだ。みなさんご存知の通りね。我々はその手のサーキットでは、大きな代償を支払わねばならない。その他にギヤボックスの信頼性の問題もあった。これはほとんどセバスチャンに降りかかっている」

「また心理的な部分もある。セバスチャンのようなチャンピオンを見た時、彼はベストではないコンディションでドライブしている。結局彼はロボットじゃない。彼は人間なんだ」

「昨日、誰かがギヤボックスが壊れた際のセバスチャンの反応を強調していたのを見て、私は驚いたんだ。しかし、僕らはコンピュータを介してロボットと話をしているわけじゃない。人間について話をしているんだ。私にとってはそれが正常だった。このような反応ができることについて、神に感謝するよ」

 ギヤボックスの問題について、アリバベーネは以下のように語った。

「これは今季3回目のギヤボックストラブルだ。非常に心配だね。できるだけ早く解決したいと思っている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース