アロンソ、2018年以降の去就は「来年夏に決める」と語る

フェルナンド・アロンソは、2018年以降の自身の去就について「来年判断する」と語ると共に、レギュレーションが大きく変わる来年に期待を寄せる

 アロンソは現在、マクラーレンとの3年契約の2年目である。そのアロンソは、マクラーレンが2017年に大きな進歩を遂げることができると考えている。この希望は、アロンソがマクラーレンに長期にわたって在籍することを、力強く後押しする。

 アロンソはしかし、来年の夏までは、2018年以降の自身の居場所を決めることはないと語る。

「来年のチャンピオンを争える可能性は、低くはないと思う」とアロンソは語る。

「そんなの、誰にわかるんだい?」

「ルールが変更されることは、僕ら中団を争うチームにとって、非常に大きな可能性をもたらすだろう。来年は僕らにとって、大きなギャップを埋めるための素晴らしいチャンスだと思う」

「そしてこの数カ月、エンジンに多くの時間をかけていると思う。今失っているパワーをリカバリーするという点で、非常に重要だ」

「僕は来年は非常にオープンな状態になっていると思う。悲観的ではないよ。僕らがトップ争いに加われないとは、今は考えていない。すべてが可能なことであり、すべてはオープンな状態なんだ」

 自身の長期的な計画について訊かれたアロンソは、次のように答えた。

「将来のことは、来年お知らせことにする。夏か、その周辺になるだろうね。これから12カ月は、僕は将来のことについては話さない。だって、記者会見の時間が長くなってしまうからね」

「僕の契約は来年で終わる。そして、来季は多くのレギュレーション変更がある。特にタイヤの面では、うまくいけばF1が再びドライブするのが魅力的なパフォーマンスを得ることができるだろう。今は、F1を運転するのに少しイライラしているんだ。クルマの中で、すべてをセーブしなければいけないからね」

「それは言ってみれば、本能に反しているようなもんだよ。とにかく、来年を見てみよう。そして、僕は決める。夏以降にね」

 ところでアロンソは、モントリオールにおけるマクラーレンのパフォーマンスについては、楽観視している。

「僕らはここに、達成すべき具体的な目標を持っていないと思う。僕らは僕らのベストを尽くすだけだ。バルセロナとモナコを終えた後、モントリオールは完全に異なるサーキットだ。僕らにとっては良いテストになるだろう。パワーによる影響が、ここは少し高いからね」

「願わくば、ポイントを獲得し続けたいし、3戦連続でのQ3進出を果たしたい。そして、これらが普通のことになればいいと思う」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース