アロンソ、60グリッドダウンのペナルティも新PUに期待

ホンダは、ベルギーGPでさらにパワーユニットを交換し、合計60グリッドダウンのペナルティを受けることを認めた。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、スパ・フランコルシャンで投入されたホンダの新しい仕様のパワーユニットに発生したふたつの別々の問題に苦しみ、フラストレーションの溜まる週末を過ごしている。

 2回目のフリー走行の後、今週末2基目の新しいパワーユニットを投入していたが、予選で問題に見舞われた後、さらに新しいパワーユニットを投入しなければならなくなった。

 ホンダは、内燃機関、ターボチャージャー、MGU-KとMGU-Hを決勝に向けて交換することを決定。アロンソは、それまでの35グリッドに25グリッドのペナルティが加わり、計60グリッドのペナルティを受ける。

 しかしながら、追加のペナルティは決勝のグリッドに何も影響がない。予選でタイムを残すことができず、最後尾グリッドが決定しているからだ。

 こうした状況にも関わらず、アロンソはホンダの新しいパワーユニットが見せているスピードに勇気付けられていると語っている。

「パフォーマンスという点では、良い週末を過ごしている」と彼は言う。

「マシンがこのパワーユニットで何ができるか、今日見ることができたと思う。とても良い予選だった」

「フリー走行3は、僕がまともに走れた唯一のセッションだったけど、10番手だった。サーキットの特性を考えると、少し驚いたよ」

「去年はポールポジションから3.7秒遅れだった。しかし今日は1.3秒だった。他のマシンも改善されてないわけじゃないのに、この進歩は驚くべきものだ。来年に向けて良いニュースだよね」

「おそらく記録的な数のペナルティを受けることになるけど、これは僕たちがトップである唯一のことだからね!」

 ひとりのドライバーに課せられたペナルティの現在の最高記録は、昨年のメキシコGPでのパワーユニット交換で課せられた、ジェンソ・バトンの70グリッドとなっている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース
タグ honda