アロンソ、さらに15グリッド降格で合計45グリッド降格へ

アロンソは、新たなターボチャージャーとMGU-Hを投入するため、45グリッド降格が決定した。

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、金曜日のフリー走行で新しいパワーユニットを投入したため、すでに30グリッド降格が決定している。またホンダは、パフォーマンスを向上させるために改良したコンポーネントを評価している。

 金曜日の走行をチェックし、新しいパワーユニットについてデータを分析した結果、アロンソは、ベルギーGPで投入した5機目のパワーユニットに戻して今週末を戦うことに決めた。

 さらに彼は、新しいターボチャージャーとMGU-H(こちらは今季9基目)の使用を決めており、合計45グリッドの降格になる。

 しかしアロンソは、改良したエキゾーストについては使用を続けるつもりであり、予選に向けてチームメイトのジェンソン・バトンもこのエキゾーストを使用するつもりである。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース