アロンソ、アップグレードPU準備OK。鈴鹿へ向けて準備万端

アロンソは、先週のマレーシアGPで評価したアップグレードパワーユニットで、日本GPを戦うようだ。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、マレーシアGPの金曜日のフリー走行で、効率改善を狙った、軽量化されたエンジンブロックと改良されたエギゾーストを評価した。ホンダは、この改善に2トークンを費やしている。

 ホンダは、アップグレードパーツに信頼性の問題がないか、トラック上で確認するという手順を踏んだ。金曜日のアロンソの走行が終わった後、データの徹底的なチェックが行われた。

 分析の結果がポジティブなものであったため、ホンダは日本GPからアロンソのマシンに、アップグレードされたパワーユニットを搭載することを決定した。

 このパワーユニットは、シーズンの終わりまで使われる予定となる。

 チームメイトのジェンソン・バトンは、現在もスパで投入された旧仕様のパワーユニットを使用している。ホンダは、バトンのパワーユニットを交換することで、ホンダのホームGPとなる鈴鹿でグリッドペナルティを受けさせたくないのだ。

 しかしながら、次戦のアメリカGPで、バトンはアップグレードされたパワーユニットに移行する可能性がある。そうなった場合、バトンはオースティンでグリッドペナルティを受けることになる。

 この決定は、オースティンでのレースが行われる週に下される。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース