アロンソ、オーストリアでのマクラーレンの進化を期待

フェルナンド・アロンソは、今週末のオーストリアGPで、マクラーレンが優れたパフォーマンスを発揮することを期待している。

 シャシーとパワーユニットの進化によって、Q3進出をコンスタントに果たすことができるようになった今季のマクラーレン・ホンダ。しかしフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは、カナダ及びバクーと、2戦連続で入賞を逃してしまった。

 オーストリアGPの舞台であるレッドブルリンクは、パワーに非常に敏感なサーキットである。ホンダのパワーユニットは、まだメルセデスとの間に差があるが、アロンソは現在のパッケージの強みがここで活きると考えている。

「レッドブルリンクは、バクーよりもかなり短いサーキットだ。しかし、ミスをする余裕がないサーキットであるため、非常にチャレンジングなコースである」

 そうアロンソは説明する。

「ラップタイムは70秒未満。そのため、グリッドは非常に接近するだろう。各グリッドのタイム差はごく僅かだ。速く走るためには、良いトラクションと効率的なエアロが必要。そして、それを僕らは持ってる」

「そのため、僕らはバクーの時よりも競争力があることを願っている。昨年は1周目で終わってしまったけど、今年はそれよりも長いレースにしたいね」

信頼性を改善

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、入賞の可能性を期待しているが、その一方、最近チームを悩ませている信頼性の問題を解決しなければならないと指摘している。

「この2戦、我々はトップ10フィニッシュできなかった。そのため、我々の当面の目標は、ポイント圏内に戻ることである」

 そうブーリエは語る。

「カナダでは、フェルナンドは11位だった。アゼルバイジャンではジェンソンが同じ成績でフィニッシュしている。どちらも、我々のマシンには合わないコースだったがね。我々は今週末のオーストリアで、少し良くなることを期待している」

「我々はまた、信頼性の問題に対処する必要がある。直近2レースで、我々のクルマは1台ずつがトラブルによりリタイアしてしまった。我々はファクトリーに戻った後、その問題を解決し再発させないよう、懸命に取り組んだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース