アロンソとのバトルに大満足のサインツJr.。一方「マッサ次第で5位もありえた」

サインツJr.は、アロンソとのバトルを楽しんだ一方で、状況によっては5位もありえたと考えている。

 アメリカGPの決勝終盤、トロロッソのカルロス・サインツJr.とマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、2周に渡ってホイール・トゥ・ホイールのバトルを繰り広げた。レース残り2周、アロンソはストレートでDRSを使い、ターン12の手前でサインツJr.の前に出た。

 しかしながらアロンソはブレーキが遅れ、ターン12をオーバーランしてしまった。しかしコースに戻ったアロンソは、サインツJr.の前をなんとかキープすることができ、レースを5位でフィニッシュした。

 レースを6位でフィニッシュしたサインツJr.は、アロンソの動きに何も間違ったことはなかったと語り、バトルを楽しんだと認めた。

「フェアなバトルだったと思う。すごく楽しんだよ」とサインツJr.は語った。

「レースが終わった後、僕についての彼の最初のコメントは、『ストレートで、君はパンクしていたみたいにとても遅かった。バックストレートで君を抜くのはとても簡単だった』だった。僕は『ああ、知ってる知ってる。今それを言わないで』って答えたよ」

「それが最初のコメントだった。無礼に対応してしまったけど、そうすべきではなかった。ただ笑って応えればよかったんだ」

「実際すごく楽しかったからね。僕は、彼が5位だと確信しているし、彼はとても喜んでいた。僕らはふたりともハッピーなドライバーだ」

「10位争いじゃなく、5位争いのバトルができて、僕はすごくハッピーだ。それに、クリーンで、素晴らしいバトルだったからね」

 アロンソに追い抜かれる際の接触でパンクし、バトルから離脱するまで、ウイリアムズのフェリペ・マッサも5位争いに加わっていた。この接触は審議対象となったがペナルティは出ず、レーシングアクシデントとして処理されている。

 サインツJr.は、もしマッサがアロンソに抜かれなかったら、マッサの前をキープし5位でフィニッシュすることが出来たと感じている。

「マッサの前をキープするのは楽しかった。彼がメルセデス製パワーユニットを使っていたとはいえ、僕は彼に対して、セクター1でアロンソよりも大きなアドバンテージを持っていたからね」とサインツJr.は語った。

「ウイリアムズがDRSを開いた時のトップスピードは速いから、フェルナンドにアドバンテージはない。だから、彼はウイリアムズをオーバーテイクできないと思っていた」

「それでも、フェルナンドは何かを仕掛けていくと思っていたし、それが普通じゃないことだということもわかっていた。そして、彼らが接触したとしても、僕は安全だということもわかっていた」

「残り2周で、僕が想像した通りのことが起きた。残り2周から最後まで、僕のタイヤは終わりかけていたから、僕は何もできなかった」

関連

マッサ「パンクがなければトップ5でフィニッシュできた」

ウイリアムズ、アロンソのお咎めなしに不満。「彼はマッサを”ブレーキ”に使った!」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Carlos Sainz Jr. , Fernando Alonso
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース