ウイリアムズ「これはテストではない」。ストロールが旧型F1マシンに搭乗。

ウイリアムズは、ランス・ストロールの教育プログラムを着々と進めている。

 現在、ランス・ストロールは、ヨーロッパF3選手権に参戦している。F1のスーパーライセンス取得に必要なポイントは、ほぼ獲得できると見込まれており、彼のF1ドライバーへの道程も佳境を迎えている。

 ストロールは、フォーミュラカーの経験を積むために、2014年スペックのウイリアムズFW36を走らせた。ウイリアムズによるストロールの育成プログラムは、着々と進んでいるようだ。

「これはテストではありません」

 ウイリアムズの広報担当はmotorsport.comに対し、詳細を明かした。

「今季、ランスはウイリアムズのシュミレータで練習していました。それはヨーロッパF3のレースで、彼の助けになる為に設計されたものです」

「現在ランスの育成プログラムは、旧型のF1マシンを経験する段階に移っています。マシンはウイリアムズFW36で、F3の合間に行なわれています」

「ウイリアムズの育成プログラムの一部では、ランスが旧型のF1マシンをドライブさせることで、F1マシンの性能の違いを感じてもらうための時間を作っています」

「ランスがF3のタイトルを獲得することで、彼はF3プログラムに完全にコミットすることとなります。うまくいけば、このまま計画通りに進むかと思います」

 今季F3も残り2ラウンド/6レースだ。ストロールは今季9勝を記録し暫定首位。現在2位のチームメイトであるマキシミリアン・ギュンターに対し、68ポイント差という圧倒的なシーズンを展開している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lance Stroll
チーム Prema Powerteam , Williams
記事タイプ 速報ニュース