ウイリアムズ「安全面には大袈裟になるべき」日本GPで新しいシートベルトをテスト

ウイリアムズは、シンガポールGPの一件から、日本GPで新しいシートベルトを試すようだ。

 シンガポールGPの決勝の最中に、ウイリアムズのバルテリ・ボッタスのシートベルトが緩んでしまうというアクシデントが起きた。それにより彼は、ピットストップを余儀なくされてしまった。その後のチームによる調査を行ったが、原因は未だわからないままだ。

 シートベルトはレース中のドライバーの安全を守るために、非常に重要なものだ。ウイリアムズは以前サプライヤーであるウィランズから、OMPに変更することを決定した。

 新しいOMPのシートベルトの性能を試すのは、日本GPの金曜日のフリー走行時だ。確認が取れれば、アメリカGPからウイリアムズのシートベルトは変更されることになる。

 ウイリアムズのヘッドオブパフォーマンスエンジニアリングであるロブ・スメドレーは、今回の件について話している。

「今回の件はとても理解しがたい。30周目になると明らかにベルトが緩んでいる」

「バックル(シートベルトの留め具)の不具合がない限り、全くというわけではないが、解けることはほぼない。よって、何か他の要因があるとみている」

「それが何であるにせよ、シートベルトは30周目を迎えると緩む。それはバルテリのグローブや、レーシングスーツが擦れたことによるものだったとしても、起こるべきことではない。決して起きてはいけないことだ」

「ドライバーの安全面に関しては大袈裟にならなければならないと思う。それはマシンにおける信頼性のひとつで、パフォーマンスに影響する」

「我々は皆レーサーだ。しかし、一般的にドライバーや乗員の安全性は、第一優先事項にある。こういった中での出来事は本当に残念なことだ」

「我々は、サプライヤーを変更しようと試みている。日本GPでテストし、早い段階で切り替えられればいいと思っている。全て確認できてからの話だがね。日本GPが終わった後に分析をして、アメリカGPで新しいシートベルトを使う計画をしている。新しいベルトが良ければ、ほぼ実行するだろう」

 またシートベルトの切り替えをアメリカGPにする理由は、日本GPで十分にテストをする時間があると見込んでいるからだとスメドレーは説明した。

「マシンの中の安全面を調査するために、ある程度の走行距離が必要だ」

「金曜日のフリー走行1回目と2回目で、600kmほど走りたいと思っている。それによって問題が起きないかどうか確かめることができる」

「それをせずにドライバーをレースに送り出すことなどできないだろう。我々は我々の調査の元で、シートベルトの安全面を確かめたいんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース