ウイリアムズ、新フロアをハンガリーで投入へ

ウイリアムズはハンガリーGPに新しいフロアを投入し、フォースインディアの脅威を食い止めることを目指している。

 ウイリアムズはオーストリアとイギリスでわずか2ポイントしか獲得できず、同2レースで14ポイントを獲得したフォースインディアに19ポイント差まで迫られてしまった。

 新しく投入されたフロントウイングについて聞かれたウイリアムズのパット・シモンズは、今後について楽観的な見通しを示した。

「我々はフォースインディアをリスペクトしている。彼らはとても良いチームだ。しかし、我々は4位を確保できると確信している」

「我々はマシンの性能を上げることができるモノを持っているし、クルマをうまく使うことができるようになっている。そして、新しいパーツも持っている」

「フォースインディアは、バルセロナで空力面の良いステップを踏んできた。そして、おそらく我々はそれに追いついていない。しかし、我々は今の段階で新パーツを持っている。そして、ハンガリーには新しいフロアを持ち込む予定だ。それはかなり良いはずだ」

シルバーストンのテストは期待はずれ?

 ウイリアムズは今週行われたシルバーストンテストで、新しい空力パーツの評価に焦点を当てた。しかしバルテリ・ボッタスは、その進化が希望したほどのものではなかったと言う。

「僕らは前進した。しかし現時点では、我々はダウンフォースを直接ラップタイムに反映させるのに、少し苦労している」とボッタス。

「しかし僕らはまた、利益をもたらすモノを見つけたんだ。多分近い将来ではなく、その後になるだろうけどね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース