ウイリアムズの車載データ、バクーでのピットストップを1.89秒と記録

ウイリアムズはヨーロッパGPのピット作業が、実際には公式発表より早かったことを明らかにした。

 ウイリアムズは、バクーで行われたヨーロッパGP決勝の際、フェリペ・マッサのマシンのタイヤをわずか1.92秒で交換し、コースに送り出した。これはレッドブルが2013年に記録したピットストップのレコード記録に並ぶものである。

 しかし、ウイリアムズがファクトリーで分析を行ったところ、車載データには、ピットストップ時間は実際にはさらに短かったことが記録されていた。そのタイムは1.89秒だったという。

 驚異的な作業時間であるにも関わらず、チームはまだ満足していないとマッサは語る。

「昨年の僕らは、タイヤ交換が早いのチームのひとつではなかった。ホイールナットがコース上で過熱していたため、ピットに停止した際の作業に問題をもたらしていたんだ」とマッサは言う。

「冬の間にチームは、機材とピットストップを担当するスタッフの準備に、多くの時間を費やしてきたんだ」

「その結果、並外れたパフォーマンスになった。しかし、僕らはまだ、短縮できる時間があると考えているんだ。チームはまだ、向上に努めているんだよ」

関連記事:「ピットストップ王」ウイリアムズが進化した理由

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ヨーロッパGP
サーキット バクー市街地
ドライバー Felipe Massa
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース