ウェーレイン、ギヤボックス交換で5グリッド降格決定

パスカル・ウェーレインは、新しいギヤボックスを投入するため、5グリッド降格ペナルティが決まった。

 マノーのパスカル・ウェーレインは、FP3に向けて新しいギヤボックスを投入したため、決勝レースで5グリッド降格ペナルティを受けることが決まった。

 これまで彼が使っていたギヤボックスは6レースの連続使用義務を果たしておらず、レギュレーションに沿ってペナルティが下された。

 ウェーレインは、1回目のフリー走行が21番手、2回目が20番手だった。

 またマノーは金曜日の夜、スタッフが夜間作業を行った。F1チームの夜間作業には回数制限が設けられており、マノーの作業はその制限内で行われた。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Pascal Wehrlein
チーム Manor Racing MRT
記事タイプ 速報ニュース