「オーバーステアによりQ3進出を失った」とバトン

ジェンソン・バトンは、大幅はオーバーステアにより、Q3に進出するチャンスを逃したと語っている。

 バトンは、金曜日のフリー走行2回目で3番手のタイムを記録したものの、予選では14位に終わっている。しかも、このレースがデビュー戦となるチームメイトのストフェル・バンドーンにも先行されてしまうという結果だった。

 バトンは、金曜日と同じようなペースは実現できなかったと認めつつも、Q3進出は十分に可能だったと考えている。

「今日も同じようなペースで走ることができたかと言えば、そうとは思わない。なぜなら、いずれのドライバーも金曜日から土曜日にかけて、エンジンの出力を上げてくるからね。でも、Q3進出には近づけると思っていたんだ」そうバトンは語る。

 バトンはQ2終了時までマシンに自信を持っていた。しかし、原因不明のバランス変化が起こったという。

「マシンは今週末、非常に良いよ」と彼は付け加える。

「我々は弱アンダーステアの、合理的なバランスを持っていて、非常に満足していた。でも最後の走行では、突然大きくオーバーステアになってしまったんだ。それが、サーキットの起因するものなのかどうかは分からないが」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース